流木のDIY!インテリア用に加工してみた

2017年11月19日DIY

流木を使ったインテリアを作りたいけど、加工の仕方がわからない人へ。
先日拾った流木を使って、アクアリウムに使えそうな加工をしてみました。
加工の様子は動画でご紹介します。

どうも!お疲れ様です。たけし(@takeshinonegoto)です。

以前の記事でもご紹介したイイ感じの流木を、今回加工をしてみました!

 

拾ってきたときはこんな感じの流木でした!これをまずは水に一週間漬け込んでみます。

 

一週間水に漬け込んだ後は動画で紹介しています。

全体的な作業の流れはこんな感じになります!

それでは詳細のご紹介をしてみます!

DIYの用語はコチラの用語集も参考にしてみてください。

 

 

広告

かかった時間・使用した消耗品・使った工具

時間

  1. 流木採集
    ・・・1時間半(往復移動1時間)
  2. 加工前に水に漬け込んだ時間
    ・・・1週間
  3. 乾燥時間
    ・・・1週間
  4. 加工時間(ワイヤーブラシ)
    ・・・15分
  5. 汚れ落としのために水に漬け込んだ時間
    ・・・1日
  6. 乾燥時間
    ・・・1週間
  7. 加工時間(こびりついた汚れ落とし)
    ・・・30分
  8. 加工時間(紙やすり)
    ・・・1時間
  9. 木くずを水で落とした後の乾燥時間
    ・・・1週間
  10. 合計
    ・・・4週間と1日と3時間15分

 

消耗品

  1. 紙やすり(400番)半分・・・10枚で100円
  2. 紙やすり(240番)5分の1・・・1枚で40円

 

工具

  1. 電動ドリル+ワイヤーブラシ(真鍮)
    ・・・傷んでいる部分と皮をはがすのに使用
  2. 細いやすり
    ・・・細い部分の汚れを落とすのに使用(動画ではカットしてます)
  3. マイナスドライバー
    ・・・皮をはがすのに使用

 

失敗したこと

削りすぎた

前回、表札を作るときは流木が堅すぎて削れませんでした。その反省としてより強力な種類のワイヤーブラシ(真鍮)を使ってみました。

見事に削れ過ぎました(;´・ω・)

ワイヤーブラシの跡がくっきりと付いちゃってます。。。

 

今回の流木がたまたま柔らかすぎたのか、ワイヤーブラシ(真鍮)が強力過ぎたのかは判断できませんが、くっきりと跡が残ってます。。

 

最初に削った時点で「あ、結構削れてる」って思ったんですが、そのままいっちゃったのが失敗ですね。

ちょっと目立たないところを削ってみて、ヤバイと思ったらやめておくべきでした。

 

加工作業

ワイヤーブラシ

前述の通り、削りすぎました(;´・ω・)

今回は「真鍮」という固めのものを使っています。

 

ワイヤーブラシのブラシの素材にはいくつか種類があります。

ステンレス製やナイロン製など色々ありますが、真鍮製は固めの部類です。

 

物自体は100均で買ったんですが、ちゃんと役割を果たしてくれているので、イイものかと思います。

ただ、今回の加工には不向きだったかなと(;´・ω・)

 

こびりついた汚れ落とし

流木の隙間などにこびりついた汚れがいくつかありました。

これを落とすために細長い物が必要だな~と思い、買ったのがコチラです。

 

実際には100均で買ったものを使いましたが、細いところに入れれて、削り落とすこともできたので良かったです。

 

このやすりの他に、マイナスドライバーも使って汚れを落としていきました。30分ほどかかっています。

 

紙やすり

今回は400番240番を使いました。

紙やすりは番号で粒子の粗さを表現しています。詳しくはコチラを参照してください。

 

 

まずは400番でワイヤーブラシの跡を消します。ワイヤーブラシを使わなかったら不要な工程だったかも(;´・ω・)

 

次240番で表面をなめらかにしていきます。

240番は表札づくりのときにも、仕上げとして使っています。

 

今回、100均の紙やすりと、ホームセンターの紙やすりを使っています。

100均の方は10枚入りで、100円です。

ホームセンターの方は100均の物の倍くらいの大きさ1枚で、40円です。

 

単純に量だけで考えると、ホームセンターの方が倍くらい高いことになります。

あとは、使っていてどのくらい消耗するかというところです。

 

今回は使っていた時間も違うので比較は難しいです。また、比較できそうなDIYをしたときには、100均とホームセンターの違いにも注目していきます。

 

まとめ

  1. かかった時間(待ち時間込み)は4週間と1日と3時間15分
  2. 使った工具は
    ・・・電動ドリル+ワイヤーブラシ(真鍮)
    ・・・細いやすり
    ・・・マイナスドライバー
  3. 使った消耗品は紙やすり
  4. 消耗品にかかった金額は20円くらい

 

今回は2つ目のDIYということで、ある程度の工具はそろった状態でした。

かかった時間も待ち時間を入れると4週間とかとんでもない時間ですが、実際に手を動かした時間は3時間ちょっとくらいです。

できあがった流木をイイ物と見るかどうかは人それぞれですが、個人的にはイイ感じに仕上がったと思ってます!

今回の流木は、いずれアクアリウムを作ったときのオブジェとして飾る予定なんで、そのときもブログを見ていただきたいと思います!

 

流木のDIYは待ち時間が長すぎて、着手してから記事や動画にするのが大変です(;´・ω・)

今後もスローペースですが、記事にしていくのでよろしくお願いします!

広告

DIY

Posted by たけし