和風のトイレットペーパーホルダーをDIYで自作してみた

2017年11月18日DIY

和風でおしゃれなトイレ空間にしたい人。

他とは違ったトイレットペーパーホルダーを使いたい人。

今回は和風なトイレットペーパーホルダーを自作してみました。

 

どうも!お疲れ様です。たけし(@takeshinonegoto)です。

以前こんな記事を投稿しました。

 

この記事で、トイレを日本庭園風にしたい!と言っています。

というわけで、和風なトイレットペーパーホルダーのDIYに挑戦してみました!

いつも通り、まずはコチラの動画でDIYの様子をご紹介します。

 

という感じで出来上がりました!

それでは詳細のご紹介をしてみます!

 

DIYの用語はコチラの用語集も参考にしてみてください。

 

広告

かかった時間・使用した消耗品・使った工具

時間

  1. 設計
    ・・・3時間
  2. 買い出し
    ・・・2時間
  3. 木材の測量
    ・・・1時間
  4. 木材の切り出し
    ・・・1時間半
  5. 加工(切ったり、穴空けたり)
    ・・・3時間
  6. 加工(パーツの組み立て)
    ・・・1時間
  7. 合計
    ・・・11時間半

 

消耗品

  1. L字の金具・・・100円くらい
  2. 丁番2個+ネジ・・・800円くらい
  3. 1×6木材・・・300円くらい
  4. 2×6木材・・・300円くらい
  5. 2×4木材・・・300円くらい
  6. 丸棒・・・130円くらい×2本
  7. 合計・・・2,000円くらい

木材は結構余ってるんで、他のものにも使いまわせそうです。

 

工具

  1. ノコギリ・・・木材の切り出し
  2. 糸ノコ・・・木材のくり抜き
  3. ポケットノコギリ・・・木材のくり抜き
  4. 電動ドリル・・・穴あけ、ネジ締め、やすり
  5. イチグチ(ドリルに付けるタイプの紙やすり)
    ・・・木材のくり抜き、仕上げ
  6. サンダー・・・仕上げ
  7. ハンマー・・・丸棒の挿し込み

 

失敗したこと

今回は失敗だらけです。初めてちゃんとした木材を使ったDIYなんで、勘弁してください。

 

設計に挑戦したこと

なんとなくDIYでも設計っているかなと思ったんで、素人ながら設計に挑戦。

設計ツールを探してみると、3D設計ができる無料のソフトがあったんで、とりあえずインストールしました。

 

うん。。。めっちゃムズイ。

わかってたけど、ど素人が使うにはハードルが高かったみたいです。

3Dのものが簡単に作れるというのはわかりましたが、頭が追い付かないです笑

 

エクセルを方眼紙のようにして設計図を作る。という人もいたんでマネをしてみました。

うん!これならできないこともない!

エクセルなら使い方はわかってるんで、とっつきやすいです。

これでなんとなくの大きさを出して、必要な木材の量や長さを算出しました。

 

設計図を基に木材をホームセンターに買いに行きました!

そして全然違う木材を買ってきました!笑

設計図の中で見るのと、実際の木材を見たときで考えが違っちゃったんですよね。たぶんこれは、初めてのちゃんとした木材でのDIYだったからかと思います。

ホルダーの下の部分とか最初は2×4でいこうと思ったんですが、実物をみると2×6の方が重みがあっていいかなぁってなりました。

 

要は、なんとなく木材を買っちゃう内は、ちゃんとした設計図に時間をかけなくてもイイかなと。

後からDIYをする人に聞いてみると、そこまでしっかりと設計図を書いてないみたいなんですね。

 

ちなみに知り合いの設計会社の社長さんに聞いてみたら、3D設計は素人には難しいみたいです。

2D設計を左+右+上の3面から見た図で書く方が、感覚的に楽だそうです。

実際、エクセルで作ったときは左+右+上の3面で書きました。

 

予定通りに作れなかったこと

実際に加工したり組み立てたりしている内に、「こっちの方がイイかな!」とか「こうした方がイイかな!」ってなって、予定通りに作りませんでした。

これはこれでイイと思うんです。プロじゃないんで、やってみてわかることもあると思うんで。

じゃあ何が失敗したことなんかって、予定を作るのに時間を掛けすぎたというところです。

 

上でも書きましたが、設計図を書くのに3時間掛かってます。

そして木材を買うときも設計図通りに買わず、加工組立をするときも設計図通りに行わず。

じゃあ設計図書く必要ねぇな笑

 

たぶんある程度作れるようになってきたら、設計図を書いてその通りに作ることができると思うんです。とりあえずしばらくは、なんとなくの設計図だけでイイかなと。

 

実は完成してないこと

完成してからトイレットペーパーを入れてみました。

そしたらペーパーが回らないんですね笑

 

原因は動画の中でも説明していたコレです。

 

ホルダーのフタを開けると、トイレットペーパーを挿す丸棒が上を向くように設計しました。

でも実際にトイレットペーパーを丸棒に挿してみたら、ホルダーの中に収まらなかったんですよね笑

トイレットペーパーの横幅に合わせて、ホルダーの大きさを測ったんですが、トイレットペーパーのナナメの幅を加味してなかったんですよね。。。

もうめっちゃ素人にありがちなミスって感じです。

 

もうホルダー部分が9割完成という時点で気づいたんで、どうしようもねぇなと。

そこで、急遽こんな感じにしました。

せっかく金具まで買って作った部分を丸ごと外しました(;´・ω・)

 

なんとかトイレットペーパーをホルダーの中に入れることができました!

これでOK!と思ったんですが、先述したようにトイレットペーパーが回りません。。

 

普通、トイレットペーパーって芯の部分に棒が刺さってるじゃないですか?

あれがあることでクルクル回るんですね。

 

トイレットペーパーが回らないってことは、トイレットペーパーホルダーじゃないですよ。

ただのオシャレ木材ですよ笑

 

これについては案がありますんで、後日改善しておきます。

 

加工作業

ホルダー部分

イメージはコレなので網目状になっている部分が必要です。

それは丸棒で再現しました。

8mmのドリルで穴を空けているので、8mmの丸棒を入れています。

少々入りにくいですが、ハンマーで叩いたりすれば普通に入ります。

 

フタを開ければトイレットペーパーを入れれる設計にしましたが、それは先述の通り失敗した部分です(;´・ω・)

 

胴体部分

胴体部分は2×4をカットしただけです。

長さは、実際のトイレットペーパーホルダーの高さに合わせています。

 

土台部分

土台は2×6と1×6で作っています。

土台部分を作る上で気を付けたのは、倒れないようにすることです。

 

子供がいるんで、通常の使い方をしないことも予想されます。

ちょっと力を加えた程度では倒れないようにするために、床との接地面は大き目の1×6で作りました。

さらにおもりとして、2×6も使いました。

 

組立

ホルダー・胴体・土台を組み立てるとき、最初はネジで止めようとしました。

でも先述したように、ちょっと力を加えた程度では倒れないようにするために、少し工夫をしました。

 

ホルダーと胴体の接合部分、土台と胴体の接合部分に穴を空けて、そこに胴体を挿し込むようにしました。

これなら各パーツが取れてしまうことがないと考えています。

 

まとめ

  1. かかった時間・・・11時間半
  2. 消耗品の金額・・・2,000円くらい

 

実はコチラのサイトにある和風なトイレットペーパーホルダーを参考にしています。

最初からDIYをするつもりだったので今回自作をしましたが、やっぱりプロが作っているものは雰囲気が素晴らしいです。

 

初めての2×4とかでのDIYは、設計とかの準備が大変でした。でも1回やってみると今度は何作ろうかなとワクワクしてきます!

これがDIYのイイところですね!

 

ちなみに今回、木材のカットは自分でやりましたが、本来はホームセンターでカットしてもらう方がイイです。

3カット100円とかなので、電動工具が無い場合はどんどん利用した方が良いと思います。

今回は初めてなんで、自分でやってみました。

広告

DIY

Posted by たけし