流木DIY!流木の皮を剥いてみたら気持ちよかった

2017年10月29日

流木は取ってきた後すぐに使うことはできないんです。
流木でDIYをする人の参考になるような記事を上げていきますね!

どうも!お疲れ様です。たけし(@takeshinonegoto)です。

今回は、先日収集してきた流木の処理をしていきます!

流木採集の様子は「初心者のDIY!海の流木採集をリベンジしてみた!」を見てください。

流木採集をするときの装備や、僕自身の失敗談をまとめておきましたので、これからチャレンジするする方必見です!

流木は拾ったままの状態だと、汚れや木の皮が付いていることが多いです。

今回は木の皮が付いたままのものがありました!というわけで皮を剥いでみました。

ベリッッ!!って剥がれるんですね笑

「・・・ナニコレ気持ちいい」

ってなってどんどん剥いてたら動画を撮るのを忘れてました(;´・ω・)

気が付いたときには大き目の部分は取り終わってました笑

でもとりあえず今からでも遅くない!ってことで動画も撮ってみました。

流木の皮が剥がれるところは、結構気持ちイイ感じです!

皮を剥いたときの道具をまとめておきましたので、これから流木DIYをやるぞ!って人は参考にしてくれたら嬉しいです。

流木DIYに関連するページ

  1. これだけ読めばOK
    1. 流木でDIYする方法のまとめ
  2. 流木を手に入れる
    1. 初めて海で拾ってきた話
    2. 装備を整えて海で拾ってきた話
  3. 流木の加工・下処理をする
    1. 流木の皮をはぐ
    2. 高圧洗浄機を使って下処理をする
  4. DIYしたものを見る
    1. アイディア集
    2. 表札
    3. オブジェ
    4. 照明
    5. 物干し竿
    6. メッセージボード

Amazonで損をする方法

Amazonで買い物前にギフト券をチャージしないのは、もはや損。

事前に使う分だけチャージ」という行動だけで、ポイントで還元されます。

Amazonで損をしたくなければ、事前にギフト券をチャージすることを忘れないでください。

広告

\Amazonでお得に買い物する方法!!/

皮を剥ぐのに使った道具

マイナスドライバー

色んなサイトで推奨されていたのが「マイナスドライバー」です。

実際に使ってみた感想としては、アリですね。

硬くて、細くて、持ちやすいので、堅い皮を剥ぐときにテコの原理で皮を剥ぐこともできるんですね!

これがホントに気持ちイイんです!どのくらい気持ちイイかって言うと、動画取り忘れるくらい気持ちイイんです!

あと、こびりついた汚れを取ったりするときにも使えました。(こっちは動画取ってます)

濡れ雑巾

個人的に仕上げの1歩手前くらいに使うことを推奨するのが「濡れ雑巾」です。

普通は水に数時間~数日漬け込んでおくんですが、今回取ってきた流木はなんせ大物。入れ物には4分の1くらいしか入りませんでした笑

というわけで、濡れた雑巾で一生懸命拭いてみました!

これが結構イイ感じなんです。汚れと一緒に薄皮がペロペロめくれるんですね~(^ω^)ペロペロ

節の部分なんかも、濡れ雑巾でゴシゴシするとキレイに取れました!

この辺は上の動画でもやっていますので、参考にしてみてください!

濡れているから見た目もツヤツヤになってて、完成後の姿を想像すると嬉しくなってきました笑

最初は塗料を塗ろうかと思ってましたが、コイツは透明なニスだけにしようかと思います!

もちろん雑巾は捨てる予定のものを使ってくださいね!

流木には目に見えない雑菌やら虫やらがわんさかおります。間違っても普段使いの雑巾なんかは使わないでくださいね!

失敗した点

今回も色々と失敗したと思った点がありました。

これから流木採集や流木DIYにチャレンジするあなたに、同じ失敗をさせないためにも記事にしておきます。

流木を付けておいた水が濁らない

これが流木を1日漬けておいた水です。

なんか色んなサイトで調べてみると、いつまで経っても濁ってるっていうんですよね。

ぼくの場合は逆で、1日経っても濁ってないんです。

濁りの成分はタンニンって聞くんですが、僕の場合はタンニンが溶け出ていないんでしょうか。

表面の汚れとかは溶けだしてるみたいなんですが。

たぶん、流木を煮詰めていないことが原因なんじゃないかな。

っていっても家のコンロとかでやると、汚れやらガス代やらが色々大変なことになりそう(;´・ω・)

ってわけで、近いうちにロケットストーブというものを作ってみたいと思います!

ロケットストーブっていうのは、上昇気流やらの原理で少量の薪で強い熱を生み出せるストーブです。

大き目の缶を使って作るもので、DIYをしている人は結構作ってるみたいです!

これでガス代を気にせずに庭でグツグツと流木を煮込んでみます!

木がデカすぎて入れ物に入らない

入れ物は前回の記事でも書きましたが、1番長い辺が74cmの衣装ケースを使ってます。

それに今回の流木を入れてみると、こんな感じになります!

もうめっちゃはみ出てます笑

水に漬け込むとか言って、4分の1くらいしか入ってないです!

ただ、この入れ物はホームセンターで1番でかいやつなんで、もう諦めてます(;´・ω・)

1番大きい流木を吊るしてみた(追記)

1番大きい流木を吊るしてみました!

めちゃくちゃイイ感じです!

キッチンカウンターの上に手元灯があるんですが、それをオシャレな感じにしたいという嫁の要望に応えてみました。

柱と壁に金具を取り付け、そこからカラビナを経由して麻のロープで吊るしています。

流木単体の重さが4Kgくらいで、金具やカラビナが20KgまでOKなものなので、重さ的にもバッチリです!

左側に吊るしてあるのは、グアムで購入したココナッツ型のペットボトルです。花瓶替わりにしようかと思っています。

作り方や費用などの詳細はコチラの記事にまとめておきました。

まとめ

今回は流木の皮を剥ぐという、DIYで加工をする前の工程をやってみました。

  • マイナスドライバーや濡れ雑巾で皮を剥ぐ
  • 冷水だけでなく、煮込んだ方が良い
  • 入れ物はできるだけ大きい物を使う

後日、高圧洗浄機で洗浄をする記事を書きました。高圧洗浄機を使うと、汚れと一緒に皮もはがすことができ、時間もかからなかったです。かなりおススメの方法です。詳細はコチラの記事に書いておきました。

流木DIY!高圧洗浄機で流木を洗ってみた

流木DIYに関連するページ

  1. これだけ読めばOK
    1. 流木でDIYする方法のまとめ
  2. 流木を手に入れる
    1. 初めて海で拾ってきた話
    2. 装備を整えて海で拾ってきた話
  3. 流木の加工・下処理をする
    1. 流木の皮をはぐ
    2. 高圧洗浄機を使って下処理をする
  4. DIYしたものを見る
    1. アイディア集
    2. 表札
    3. オブジェ
    4. 照明
    5. 物干し竿
    6. メッセージボード

Amazonで損をする方法

Amazonで買い物前にギフト券をチャージしないのは、もはや損。

事前に使う分だけチャージ」という行動だけで、ポイントで還元されます。

Amazonで損をしたくなければ、事前にギフト券をチャージすることを忘れないでください。

広告