【ペール缶を使用】ほぼ無煙!自宅で大量に炭を作れる方法

2019年1月11日

炭 作り方

どうも!お疲れ様です。趣味で炭を作っているたけし(@takeshinonegoto)です。

この記事ではほぼ無煙で大量に炭を作れる方法を紹介します。

ズバリ「TLUDストーブ」というものを自作する方法です。

パパさん

TLUDストーブ?なにそれ?

たけし

簡単に言うと「炭を作る装置」。詳しく説明していきます。

読んで欲しい方

  • 大量の炭を作りたい
  • 自宅でもできる方法が知りたい
  • 多少の煙は気にならない

紹介する方法の特徴

  • 屋外で使用(庭でも可能)
  • ただし車1台ギリギリ止められるスペースだと厳しい
  • 大量に炭を作れる

土壌改良や水質改善のために炭を使いたい!

でもイチイチ市販の炭を買ってられないから、自分で作る方法を知りたい!

と、思って調べると以下のような方法が出てきませんか?

  • 空き缶にアルミホイルでフタをして、ひたすら焼く
  • 一斗缶に木材を入れて、ひたすら焼く

でもこれらの方法を見ると「炭がちょっとしか作れない」「大量に煙が出るから使えない」って思いませんでしたか?

そんな悩みを解決するために、この記事で紹介するのはコチラ!

この記事の内容

  • オススメしない方法
  • オススメする方法(TLUDストーブ)
  • TLUDストーブの原理や作り方、使い方
  • できあがった炭の写真

たけし

特殊な道具など不要で、簡単に作れます!

「単なる炭じゃなくて花炭(木の実などの造形をそのままに炭にしたもの)を大量に作りたい!」という方は「【1度で30個以上!】花炭をたくさん作る方法をイラストで詳しく解説」をご覧ください。

広告

【オススメしない理由】空き缶や一斗缶を使った方法

冒頭でもお伝えしましたが、まずは一般的に「自宅でできる」とされている炭作りの方法を解説します。

端的に言うと以下の通りです。

  • 空き缶にアルミホイルでフタをして、ひたすら焼く
    ⇒少量ずつしか作れない
  • 一斗缶に木材を入れて、ひたすら焼く
    ⇒大量の煙が出る上に、コンロが使えないので火を焚き続ける必要がある

目的にもよりますが、これらの方法はあんまりオススメしません。

空き缶にアルミホイルでフタをして、ひたすら焼く

やり方

  • 空き缶の口を切る
  • 空き缶に木を入れる
  • アルミホイルでフタをする
  • コンロでひたすら焼く
  • 白煙が出尽くしたらできあがり

この方法のメリットは手軽さ。

材料は簡単に手に入りますし、空き缶の加工も簡単です。

また、比較的小さい規模で行うので、多少煙が出ますが気にならないレベルです。まさに自宅でできる方法。

ただし、デメリットは「一度に少量しか作れない」ということ。

空き缶に入る量しか作れません。

たけし

ちょっとしたインテリアで、炭を1つ2つ作りたいならこの方法でもOKです。

一斗缶に木材を入れて、ひたすら焼く

やり方

  1. 一斗缶に大量の木を入れてフタをする
  2. 一斗缶ごと火で炙る
  3. 白煙が透明になったら出来上がり

この方法のメリットは大量に作れること。

一斗缶に入るだけの木を一気に炭にできるため、大量に作れます。

また、中の木材が崩れにくいので、比較的形が残った炭を作りやすいです。

ただしデメリットは以下の通り。

  • 終わるまで焚火をし続ける必要がある
  • 大量の白煙が出る

一斗缶の中をすべて炭にするには何時間もかかります。その間焚火を燃やし続ける必要があります。

焚火を燃やし続けるのって実は結構大変なんです。

たけし

自宅のピザ窯でも、ちょっと目を離すと火が消えていたり・・・

そもそも「白煙が大量に出る」という時点で、一般家庭では不可能。

多少広い土地を持っていたとしても厳しいですね。

【少しオススメ】市販の炭作り器を使う

市販の炭作り器を使って、炭を作る

世の中には便利な道具があり、簡単に大量の炭を作ることができるものが売っています。しかも煙が出ないという代物です。

使い方は簡単で地面に置いて木材を大量投入し燃やすだけ。超簡単ですね。

パパさん

そんなことしたら煙が大量に出ちゃうんじゃないか?

たけし

素晴らしい原理によって、煙が出ないんです!動画を見てください。

「素晴らしい原理」は難しいので割愛しますね笑

この商品は非常に素晴らしいんですが、値段が結構します。

「多少お金がかかっても楽で大量に作れるなら良いよ」

という方なら購入をオススメします。

たけし

ちょっとお金をかけられない・・・!という方には次で紹介する方法がオススメです

【オススメ!】TLUDストーブを使った炭作り

僕がオススメするのは「TLUDストーブを使った方法」です。

「そもそもTLUDストーブって何?」という方のために、まずは特徴を紹介します。

良いところ
  • 大量の炭を一度に作れる
  • 火が付けば、勝手に燃え続ける
  • ほぼ無煙
  • 材料が激安
悪いところ
  • TLUDストーブを作る必要がある
  • 使い方が少し難しい
  • 高い火柱が出る

TLUDストーブって何?原理・使い方のコツを紹介

TLUDストーブの原理イラスト

「TLUDストーブってそもそも何なのか?」

TLUDストーブというのは、「簡単に作れる炭を作るための装置」と思ってください。

主な材料としてペール缶やドラム缶を使います。その中に炭にする木材を入れて上から火を付けます。

木材が上から燃えることによって、缶の内部にある木材が炭化するといった原理でできています。

実際にTLUDストーブを使って炭作りを行い、失敗した記録と成功した記録を書いてあります。

TLUDストーブの作り方。材料と道具

材料

  • ストーブ本体:ペール缶、ドラム缶など
  • 煙突:大きさに合わせた缶
  • 工具1:ドリル(なければ釘とカナヅチ)
  • 工具2:金切りばさみ(なければ普通のはさみ)
  • 工具3:缶切り

材料は上記の通り。

ストーブ本体には、炭にする木材を入れることになります。

煙突には、僕の場合トマト缶や粉ミルクの缶を使いました。

本体に使うペール缶は貰ってくることができます。「【無料】ペール缶のおすすめ入手方法」に貰えた場所や貰えなかった場所をまとめています。

貰うことが難しそうなら買ってもOKです。そんなに高くありません。

缶を加工するために工具が必要です。

本来はドリルや金切りばさみがあると良いのですが、釘とカナヅチ、文房具ハサミでも代用可能。

たけし

材料も道具も簡単に手に入れられそうですよね

TLUDストーブの作り方は「TLUDストーブの原理。簡単な作り方と材料を紹介」で詳しく紹介しています。

【動画】TLUDストーブを使っている様子

実際にTLUDストーブを使った様子を動画にしてみました。

ただ、燃え続けているだけの動画ですが火柱の高さに注目です。

本体として使う缶が大きいほど火柱が高くなります。

ちなみにこのときは20リットルサイズのペール缶を使っており、火柱は地上2mほどまで上がっています。

TLUDストーブに薪を詰め込んだり、火を付け始めるまでの工程は「炭を簡単に作れるTLUDストーブの使い方:無煙で燃える様子を撮影」をご覧ください。写真付きで紹介しています。

TLUDストーブで作った炭の写真

炭 作り方

これができあがった炭です。

このときは小さめのペール缶で作ったTLUDストーブを使って、竹を炭にしました。

燃やしても煙が出ない、ちゃんとした炭が出来上がりました。

※良質の炭は燃やしても煙が出ません。

ちなみにここまで行くのに、合計6回失敗しています。

過去失敗の原因を分析し、成功するまでの記録は「炭作り成功!過去の失敗と成功の原因を分析してみた」でご覧ください。

ぶっちゃけ自宅でやると迷惑の可能性はある

上で紹介した動画を見ていただくとわかりますが、かなり抑えられていますが少し煙が出ます。

ぶっちゃけ庭が極端に狭い場合、自宅でやると近所迷惑になると思います。例えば車を1台ギリギリ止められるスペース程度だと厳しいんじゃないかと。

また、火柱がかなり高く上がるので、火災には気を付けてください。

まとめ

メモ

  • 空き缶ルや一斗缶を使った方法はオススメしない
  • お金が気にならないなら、市販の炭作り器もOK
  • TLUDストーブというものを作れば、ほぼ無煙で大量に炭を作れる
  • 庭が車1台分くらいだと、さすがに近所迷惑になりそう

ネットで調べると、自宅で作れる方法として「一斗缶を使った方法」が出てきたりします。

ここまで読んでいただいた方ならわかると思いますが、大量の煙が出るのでやめた方が良いです。

たけし

TLUDストーブを使っていただけるなら、以下の記事を参考にしてください。

TLUDストーブはちょっとハードルが高い!という方は、無難に市販の炭焼き器がオススメです。

広告