ピザ窯に興味を持ってから庭に作ってみるまでのまとめ

2018年11月29日

水平に重量ブロックを設置

どうも!お疲れ様です。ピザ窯ライフを楽しんでいるたけし(@takeshinonegoto)です。

ここではピザ窯作りに関して書いてきた記事についてまとめています。

ピザ窯作りについて

  • ちょっと興味を持ち始めた
  • 金額とか気になる
  • 失敗したくない
  • 作り方を知りたい

という人が参考にできるように書いています。

 

  • 難しい話はいらない!
  • とにかく手作りピザパーティを早くしたい!

って方は【成功編】の部分だけ読んでください。1万円でおつりのくる、簡単ピザ窯の作り方を紹介しています。

 

ピザ窯を自作する前に知っておきたい基本情報

なぜ窯の材料に石(レンガ)を使うのか

ピザ窯に火を入れてみた

ピザ専門店の窯は陶器や金属ではなく石で作られています。

なぜ石窯でないといけないのか?それは石窯には熱を蓄えるという特性があるからです。これによって石窯は電気のオーブンなんかでは出せない高温を出せます。

一方ピザを美味しく焼くために必要な温度は450度と言われています。しかしキッチンについているオーブンなんかではせいぜい300度程度までしか出すことができません。

実際に鋳物でできた薪ストーブで焼いたピザを食べたことがあります。僕も嫁も同じ意見でしたが、生地のパリっと感が石窯のものより劣っていました。

 

レンガは耐火レンガを使うべき

耐火レンガ

そして石窯を自宅で作ろうと思ったときに使用する材料は「レンガ」です。

「レンガ」を購入しようと思ったとき、ただの「赤レンガ」と「耐火レンガ」で迷うことになると思います。

結論を言うと「耐火レンガ」を買うべきです。

色んなサイトを見ていると「赤レンガ」がダメな理由は「高温に負けてヒビ割れしてしまうから」と記載していることがあります。

確かにその面もありますが、もっと大事なことは「赤レンガには蓄熱性が無い」ということです。

上でも説明したように、石窯にこだわる理由は「熱を蓄えることができる」からです。せっかく見た目は石窯にしたのに、材料を赤レンガにしてしまっては意味が薄れてしまいます。

実際に赤レンガと耐火レンガで窯を作っていただくとわかります。耐火レンガでは火に当たっていない面は外気と同じ温度なのに対し、赤レンガでは火に当たっていない面も熱々になっています。

それだけ外部に熱を放出してしまっているということですね。

 

ピザ窯の形は色々。初心者はボックス型がおススメ

ピザを投入

ピザ窯には

  • ドーム型
  • アーチ型
  • ボックス型

という3つの形があります。熱効率を考えるとベストなのはドーム型になります。

しかし特別な技術や経験の無い人がいきなりドーム型を作るのは難しすぎます。

アーチ型を作る人もいますが、これもやはり難しいです。レンガを積む作業以外に、木枠を作ったり、モルタル等で固めたりする作業が発生します。

そこでおススメなのがボックス型です。これならレンガを積むだけで完成します。

 

ボックス型が初心者におススメなのは作業が簡単というだけでなく、費用が安く済むという面もあります。

実際にピザ窯を作った場合の費用を調べていると、1万円程度でできたという人もいます。ちなみに僕はボックス型のピザ窯を7,474円で作りました。

一方でアーチ型のピザ窯レベルになってくると、7万円くらいかかったそうです。

 

まとめ-ピザ窯を自作する前に知っておきたい基本情報

  • 耐火レンガを使って作るのがおススメ
  • 形は色々あるけど、初心者はにはボックス型がおススメ

さらに詳細を知りたい場合は「素人がピザ窯を自作するのに必要な情報をまとめてみました」を参考にしてください。僕がピザ窯作りの情報を集めるのに使ったサイトへのリンクも貼ってあります。

 

ピザを取り出す道具「ピザピール」を作ってみた

完成写真

手作りピザピール

これが完成したピザピールです。先端が黒くなっているのはピザ窯のフタに使っていたためです。

しっかりとピザの下に滑り込んでくれるので、使いやすいです。

作り方はいたってシンプル。

  1. 端材にノコギリで切れ目を入れる
  2. アルミ板を差し込む
  3. ビスで固定
  4. 余裕があればアルミ板や端材の角を丸く削る

この4ステップで完成です。

ピザ窯を自作しようなんて人からすれば、スキマ時間にちゃちゃっと作れるレベルです。

 

 

材料と費用

  • アルミ板(0.5mm)・・・409円
  • 端材・・・0円

激安です。

ちなみに既製品だと数千円します。DIYならこの値段でさらに大きさも自由自在。おススメです。

 

まとめ-ピザを取り出す道具「ピザピール」を作ってみた

  • 費用は409円
  • 作り方はたった4ステップ

さらに詳細を知りたい方は「超簡単!アルミ製ピザピールをワンコインで自作」を参考にしてみてください。

画像を使った作り方の解説や、失敗作の紹介もしています。

 

【失敗編】失敗した反省点

ロケットストーブ×ピザ窯

ピザ窯1号機の「ロケットストーブ×ピザ窯」は失敗でした。

ロケットストーブというのはざっくり言うと「燃費が良くて高火力なカマド」です。そんなロケットストーブを燃焼室に使用したピザ窯を作ってみました。

ロケットストーブについてもっと詳しく知りたいという方は「ピザ窯を作る前段階として耐火レンガでロケットストーブを作ってみた」を参考にしてください。ロケットストーブ実際に組んだときの写真を掲載しています。

ピザ窯とロケットストーブを組み合わせたイメージ

理屈としては問題なさそうでしたが、レンガを大量に使うという点でケチった僕は失敗してしました。

このピザ窯はロケットストーブの特性を取り入れることで、どうしても大きくなります。大きなピザ窯を作るにはそれなりの量のレンガが必要になります。

体感では60個ほどレンガを使えれば実現可能と思ってます。

実際に作ってみたときの記事は「ロケットストーブ×ピザ窯で失敗。原因と対策のまとめ」です。完成したときや火を入れたときの写真を掲載しています。レンガを用意できる方は参考にしてチャレンジしてみて欲しいです。

 

【成功編】成功した作り方

シンプルな二層式ピザ窯

ピザピールを使ってみた

ピザ窯2号機の「シンプルな二層式ピザ窯」は成功しました。美味しいピザを3枚焼くことができました。

耐火レンガを35個使用したピザ窯で、土台に使った重量ブロックを入れても7,474円で完成しました。

作り方は「35個のレンガを積むだけ!費用1万円以下のピザ窯の作り方を紹介」で画像を使って解説しています。マネをするだけで同じピザ窯を作れるので、参考にしてみてください。

 

まとめ-ピザ窯で焼いたピザめっちゃ美味い

  • ピザ窯を作る前に知っておくべき情報
  • ピザピールを作った話
  • 実際にピザ窯を作った話

以上3点について簡単にですがまとめてみました。

とにかくピザ窯で焼いたピザはめちゃくちゃ美味いです。キッチンにある普通のオーブンで焼いたピザはもちろん、薪ストーブで焼いたピザよりも美味かったです。

ピザ窯を作るのにはちょっと費用が掛かりますが、趣味としてもピザ作りはおススメです。

 

ピザ窯

Posted by たけし