超簡単!アルミ製ピザピールをワンコインで自作

2018年11月29日

手作りピザピール

どうも!お疲れ様です。たけし(@takeshinonegoto)です。

ここではピザピールの作り方を紹介します。

ピザピールっていうのは、ピザ窯の中にピザを入れたり出したり、くるくる回したりするやつです。たぶんこの記事を見てる人はどんなものなのかわかってますよね。

既製品を買うと数千円しますが、自分で作ってしまえば数百円です。僕の場合は409円でできました。

サイズも自由に決められるし、めちゃくちゃ簡単なのでおススメです。

 

「ピザ窯作りに関するまとめ記事」を作りました。

ピザ窯作りにちょっと興味あるという方から、実際に作ってみたいという方まで参考になるように書きました。

是非ご覧ください。

 

完成図

手作りピザピール

完成したピザピールです。

右半分が真っ黒なのは、ピザ窯のフタに使用したためです。

 

材料と費用

409円でピザピール完成

  • 端材・・・0円
  • アルミ板(厚さ0.5mm)・・・409円

端材は柄の部分に使います。持ちやすい形ならなんでもイイです。

これからピザ窯に使う薪の中から選んでもイイですね。

 

アルミ板は厚さが色々ありましたが、0.5mmくらいがちょうどイイ厚さです。

また、ステンレス版も選択肢としてありますが、硬すぎて加工しにくそうだったのと、アルミ板に比べて値段が高かったのでやめました。

 

ちなみにアルミ板の融点は659度で、ステンレス版の融点は1400度です。

ピザ窯の温度は500度程度を想定しているのでアルミ板で十分と考えています。

 

作り方

簡単すぎて作成工程の写真がありませんので、完成写真を使って説明します。

まずはアルミ板の角を丸く削ります。角でケガをしないようにするためです。

金属用のやすりを使えばすぐに削れます。100均で十分です。削らないのであれば折り曲げたりしてもイイですね。

アルミ板の角を丸くする

 

次に端材に切り込みを入れてアルミ板を刺します。切り込みはノコギリなどでなるべく丁寧に入れます。

端材にアルミ板を刺します

 

最後にアルミ板を端材ごとビスで固定します。2~3個ほどビスを使えばアルミ板をしっかり固定できます。

下穴を空けてからビスを打ち込むと楽ですね。

ビスで固定

 

これだけで完成です。あとは柄の部分を持ちやすい形に削ったり、穴を空けてヒモを通したりしてもイイですね。

 

使ってみたところバッチリでした

ピザピールを使ってみた

実際に使ってみましたが、まったく問題ありませんでした。

ピザを運ぶときにも使えますし、ピザ窯から出し入れするときもスッとピザの下に差し込むことができました。

 

木製も作ったけど失敗だった

木製のピザピール

見た目がカッコいいので木製のピザピールも作ってみました。

こちらはぶっちゃけ失敗で、実際に使ってみましたが全然ピザの下に差し込めませんでした。ただのデッカイしゃもじですね。

ちみなに作り方は、適当な木材から切り出してノミとやすりで削っただけです。

 

ピザピール作成のまとめ

  • 材料費は409円
  • 0.5mmのアルミ板がちょうどイイ
  • 木製のピザピールはダメ

とてもシンプルなので、木工に慣れてない人でも簡単に作れます。

今からピザ窯を作ろうなんて考えている人なら、間違いなくササっと作れるので挑戦してみてください。

 

「ピザ窯作りに関するまとめ記事」を作りました。

ピザ窯作りにちょっと興味あるという方から、実際に作ってみたいという方まで参考になるように書きました。

是非ご覧ください。

 

ピザ窯

Posted by たけし