ソーラーポンプを使って、水の流れを作ってみた。川上から池に流れるイメージ

2018年4月22日

どうも!お疲れ様です。たけし(@takeshinonegoto)です。

今回は池の水に流れを作ってみます。

前回は「ベントナイト(猫砂)で作った粘土が漏水しないかテスト」をしてみました。そして結論は「漏水しない!」ということが判明!

パパさん

でもこのままだと「池」というか「ため池」に近い気が・・・

そうなんです。ホントに欲しいのは爽やかで綺麗な水が流れ、メダカが泳ぐ池ですよね?

そのために今回は水の流れを作ってみます。具体的には川上から池に水が流れるようにします。流れを作ることで、水のろ過も行われて綺麗な池ができあがる見込みです。

その他の池作り記事はコチラのまとめからどうぞ!  

広告

庭に川を作る

川とする場所を掘り、ベントナイト(猫砂)で壁を作りました。赤色の枠部分が今回拡張した所です。

一度やっているため、手慣れたもんですね。ベントナイト(猫砂)は、前回の漏水テストに使った余り+3分の1袋くらい使ってできました。

金額に換算すると400円ほどですね。ベントナイト(猫砂)は1袋300円ほどです。

created by Rinker
DCMブランド
¥1,200 (2020/09/24 17:44:41時点 Amazon調べ-詳細)

砂と小石を敷いてみました。

やはり土の上に直接水をかけるとどうしても泥が舞ってしまいます。そこで今回は水を入れる前に砂と小石を敷くことにしました。

ホームセンターに行くと色んな種類がありますが、今回は費用重視で行きます。

砂は一番安いもので20Kgで200円。

小石は15Kgで200円。なお、小石は何故か和風庭園用のものが安売りしておりました。本来は350円ほどだったと思います。

これで泥が舞いあがらない+景観UPです!

水の循環を作る|オススメのソーラーパネル付きポンプ

続いて水の循環を作ります。

湧き水があるような大自然と違い、庭の池で水の循環を作るにはどうしても機械の力が必要です。具体的には、水中ポンプという水を吸い込んで吐き出すという機械です。

我が家は庭に電源が無いため、必然的にソーラーパネル式の水中ポンプが必要になります。

重要項目とオススメのソーラーパネル付きポンプを紹介

商品名金額充電最大噴水高度最大流量コードの長さ延長ケーブル
SP002-B約4000円70cm200L/H3mあり
FS-SP002-B約4500円150cm220L/H4.5mあり
FS-SP002-S約4500円×150cm160~175L/H不明なし
指でスクロールができる!

今回購入したのは上の表で言う一段目の商品。SP002-Bです。

ただし、もう1回買うなら2段目の商品。FS-SP002-Bを購入します。

理由は単純に性能が良いからですね。

FS-SP002-Sは性能的にオススメじゃありませんが、近い価格帯の商品として比較用に載せました。

また、さらに低価格で1500~2000円くらいの商品もありますが、これらはナシですね。

池で使うには性能が低すぎます。

たけし

1500~2000円の商品は池には向かないです

ソーラーパネル式ポンプは似たような名前の商品が多い上に、性能差がわかりにくい・・・

しかも作ってる量が少ないのか、すぐ売り切れになってます。(書いてる今もSP002-Bが売り切れ中)

なるべく早く決めて、購入することをオススメします。

たけし

上の表で重要なポイントをまとめたので、それぞれの項目を解説していきます。

充電可能なこと

充電可能なことで、日中晴れていればその後曇りになっても、夜になっても動作可能。

すでに購入から2年以上経っていますが、夜0時くらいまでは少なくとも動いています。(それ以降は寝てるのでわかりません・・・)

夜もポンプが動くことで、静かな夜に虫の鳴き声と池の水の音が聞こえてきます。

たけし

僕はこの音を寝室で聞くのが楽しみなんですよね笑

実用的なこととして、充電式の方が水の流れてくれる時間が長い。

つまり水中ポンプの力を使ってろ過装置へ水を送る場合、充電式の方がたくさんろ過ができるわけです。

この辺りの理由から、充電式をオススメしています。

充電式が良い理由

  • 日中晴れていれば、その後曇ったり夜になってもポンプが動く
  • 寝るときに池で水が流れる音が聞こえて幸せ
  • たくさんろ過ができる

充電可能な商品はSP002-BFS-SP002-Bの2つです。

最大噴水高度と最大流量

  • 最大噴水高度:ポンプの口から水の上がる高さ
  • 最大流量:1時間で吐き出す水の量

⇒数字が大きいほど、パワーが強い!

僕が購入したSP002-Bは最大噴水高度70cm、最大流量200L/H。

一方オススメしているFS-SP002-Bは最大噴水高度150cm、最大流量220L/H。

最大流量はともかく、最大噴水高度は倍以上違います。

水が上から流れる様子
水が上から流れる様子

例えばプラ舟を何段にも重ねて、上から下に滝のように落ちてくる池を作りたいとします。

このとき最大噴水高度70cmの場合、せいぜいプラ舟2~3段分までしか水が揚がりません。

対して150cmであれば、単純に2倍以上。5~6段分まで揚がります。

プラ舟を増やせるメリット

  • 飼育環境を増やせるので、ザリガニとメダカの同時飼育なども可能
  • 水草だけ、ミジンコだけ、稚魚だけを育てるという環境も作れる
  • 滝をたくさん作れる
  • 水と空気が触れる回数が増えるから、酸素濃度が高くなる

プラ舟の数を増やせると、上記のようなメリットがあります。

イメージは上の図で、一番下の段はベントナイトの池にするってことももちろん可能。

最大噴水高度70cmのSP002-Bでも満足していますが、150cmのFS-SP002-Bならできることの幅はもっと広がったと思います。

たけし

もう一度購入するなら、絶対FS-SP002-Bを買いますね。。。

その他|コードの長さと延長ケーブル

コードの長さは以外に重要。

池は日当たりの良すぎる場所だと藻が生えやすくなるので、少し日陰に作っていることが多いんじゃないでしょうか?

我が家の池は昼の3時間くらいだけ直射日光が当たり、あとは木陰になっています。

しかしソーラーパネル自体はなるべく日光が当たるようにしたいですよね。だからある程度コードが長い方が良いです。

たけし

僕は何も考えずに買ったので、結構ギリギリ。あと10cmほど長ければと後悔しています。

「すでに池作っちゃったよ。。。」って方も、専用の延長ケーブルがあるので安心してください。

1本で3m延長できるので、結構使い勝手が良いですね。値段もそんなにしないので、具体的な池の設計が固まっていない方は、一応買っておいても良いかも。

コチラの商品はSP002-BでもFS-SP002-Bでも使えます。

オススメの水中ポンプはFS-SP002-B

商品名金額充電最大噴水高度最大流量コードの長さ延長ケーブル
SP002-B約4000円70cm200L/H3mあり
FS-SP002-B約4500円150cm220L/H4.5mあり
FS-SP002-S約4500円×150cm160~175L/H不明なし
指でスクロールができる!

オススメの水中ポンプはFS-SP002-Bです。

僕はFS-SP002-Bよりも性能が低いSP002-Bを使っていますが、まあまあ満足。

でも次に購入することがあれば、間違いなくFS-SP002-Bを買います。

たけし

ほぼ同じ値段で性能が良いですからね。迷う必要がありません。

注意!ポンプの詰まり対策

水中ポンプはそのまま入れると汚れで機械が詰まってしまい、分解が必要になったりと色々面倒な物。

amazonのレビューの中にも藻が詰まって掃除が大変とか、すぐに壊れたって話が出てきます。

僕は池の中に直接ポンプを置くのではなく、池から一旦貯水タンクへ水が流れるようにし、その中にポンプを置いています。

図で言うとこんな感じ。

この仕組みを取り入れて2年経ちますが、掃除らしい掃除は一度もしていません。

詳細は「自作の庭池に水の循環装置を作りました【費用数百円】」の記事で書いているので、参考にしてください。

池と川が完成

池に水を張りなおしました。

水中ポンプは右側の赤く囲った部分に沈めてあります。重りとして平な石を置いてありますが、これは仮置きです。近いうちにもうちょっとちゃんとしたものに取り換えます。

青く囲った部分にまでパイプを伸ばしています。

色々と配線が丸見えなので、こちらも近いうちにちゃんとしておきます。

無事に水が流れました。なかなかの勢いで流れています。

これで池の水が川上から流れる仕組みが出来上がりました!

完成から今後の課題

池の拡張をして川を作り、水の循環を作りました。

途中別のことをしている時間もありましたが、半日ほどかかりました。前回の池のときは無言だった嫁も、「川らしくなったやん」と言ってくれました!

今後の課題としては

  • 土で濁った水の色を透明に
  • 植物を入れる
  • メダカを飼う
  • 濾過の仕組みを作る
  • 猫などの外敵対策

があります。早くメダカを飼いたい!

まとめ

  • ソーラータイプの水中ポンプはFS-SP002-Bがおススメ
  • ポンプの詰まり対策には貯水タンクがオススメ

前回池を作ってから1週間経ちましたが、水位はほぼ変わっていませんでした。やはりベントナイト(猫砂)は結構しっかりとしているんだとわかりました。

その他の池作り記事はコチラのまとめからどうぞ!

広告