押し入れの天袋。収納以外の活用方法をまとめてみたよ!

2017年9月18日

天袋の扱いに困っている方へ。収納として使いにくい天袋をどうやって有効に活用するのか、いろんなアイディアをまとめてみました。

こんにちは、たけし(@takeshinonegoto)です。

我が家には天袋というものがついております。実家にも天袋があるんですが、私は昔から天袋というものがキライでした。

というのも収納スペースでありながら、入れた物が見えないし、取り出すことも入れることも難しいからです。思うに収納スペースというものは、中に何が入っているのかが一目でわかるようになっており、スッと取り出してサッとしまえることが最低限必要なんじゃないかと。

天袋はそのすべてを満たしておらず、存在意義がわかりません。

寝る助

寝る助

出川も内村もいないイッテQのようなもんだね。意味ないね。

でも壊すには費用が掛かっちゃう。だったら収納以外で天袋を有効に使える方法を探してみよう!ということで調べてみたところ・・・

  • 動かさなくてイイものを入れる
  • 飾り棚として利用
  • ペット用スペースにする
  • ふすまと繋げて広めの空間に

というアイディアがありました!

 

マイホーム計画から引っ越しまでのまとめ記事はコチラです。

 

天袋とは?押入れの上の収納部分のこと

天袋ーウイキペディア参照

天袋(てんぶくろ)とは天井側にある袋棚。床の間の床脇棚として用いられるほか、押入れ上部の小収納としても多く用いられる。床脇棚の場合はふつう4枚引違戸が用いられ、押入れの上部収納としてはおもに2枚引き違い戸が用いられる。ただし、押入れに付随して作り付けられる場合は押入れ引違戸数に合わせて袋戸の数が変わる(大広間などで押入れが4枚戸なら袋戸も4枚。4畳半部屋など狭い部屋で片開き戸の押入れなら袋戸も片開き。押入れ戸数と袋戸数が違うことはまず無い)。近年では押入れの収納部分が袋戸裏まで広く造られている場合もあり、袋戸が飾り戸の役目(袋戸を開けてもすぐ壁になっている)になっているものもある。

だそうです!

寝る助

寝る助

押し入れにくっついてるパターンと、くっついてないパターンがあるんだね

我が家の天袋はこのページの一番上に載せている画像のものなので、押し入れにくっついてるパターンになります。

 

本来の天袋活用方法は?やっぱり収納でした

天袋の本来の活用方法について調べてみました!私が認識している使い方と違っている可能性もありますしね。

本来の使用方法を確認したら、こんな便利な収納だったなんて!てなこともあるかも!というわけで調べてみたところ、下記のような使い道でした。

  • 使用頻度の低いものを収納
  • 季節いよって使わなくなるものを収納
  • 捨てられないものを収納

・・・まぁ調べる前とあんまり変わらんですね。結局、収納ではあるけど出し入れはしないよっていう感じですね。

具体例としては

  • 季節もの
    →夏服・冬服、クリスマスの飾り
  • 残しておきたい大事な物
    →卒業証書・トロフィ

こういったものを収納しているようです。

寝る助

寝る助

収納っていうか物置って感じだね。入れっぱなってる物もありそう

 

天袋の活用アイディア。参考リンク集

エアコンを入れる

エアコンを天袋に入れ、普段は襖を閉めておくそうです。メリットとしてエアコンがインテリアの邪魔をしてしまうときに、隠すことができることとのことです。

和柄の家具で統一してるとエアコンは浮いちゃいますからね。普段は閉めておくことでホコリが溜まるのも防げて一石二鳥なアイディア。

エアコンは室外機とつなげておく必要があります。つまり外と面している壁に天袋がある場合だと使えそうです。

寝る助

寝る助

ぶっとんだアイディアだけど合理的にも思えるね

 

襖を取っ払って、インテリアを置く

収納ではなく飾り棚として活用するアイディア。

植物などのインテリアを飾る場所として天袋を使用するみたいです。天井付近にインテリアを置くのって普通はないけど、天袋を活用すれば簡単ですね。ただ、模様替えのときは大変かもしれませんね。

寝る助

寝る助

無難だけどマネしやすいアイディアだね

 

猫のくつろぎスペースにする

ペットが遊べる場所にするアイディア。

猫用の足場を設けて猫が天袋に入れるようにしています。天袋の中には毛布やクッションを置いて猫がくつろげるようにしているみたいですね。

中のクッションを出し入れしやすいようになっていると、清潔感をキープできて良さそうですね。

寝る助

寝る助

猫だけじゃなくて、飼育ゲージを置いて生き物を飼うってのもアリかも

 

プロジェクターを設置

プロジェクターを天袋に設置して、ホームシアターにされています。

調べてみるとこれをやっている方が一番多く、プロの業者でも施工事例として取り上げているほどでした。スピーカーも一緒に入れれば立派なホームシアターになりますね。

最近はスクリーンまでの距離が短くても大画面を映せるタイプもあります。

寝る助

寝る助

ぶっとんだアイディアだけど、プロもやってるっていうのが安心できるね

 

送風機を設置

送風機を設置しています。この方の家はどういうわけか天井裏の気温が40~50度になっていたようですが、送風機を付けることで改善されたみたいです。

シーリングファン(オシャレなカフェの天井で回ってるプロペラ)を付けるほどの広さじゃなくても、送風機が付いていればエアコン代の節約にもつながりますね。ちなみに我が家は自分でシーリングファンを取り付けました。

寝る助

寝る助

送風機なら置くだけだから楽だね。電気代が結構安くなるみたいだよ

 

DIYでふすまと繋げて広めの空間に

ふすまと天袋の仕切りを解体して広めの空間にしています。この方の場合はカウンタースペースとして利用していますね。

高さを活かしてクローゼットにすることもできそうですね。

寝る助

寝る助

ふすまと繋げられれば、出し入れしやすい収納になるね

 

まとめ。押し入れの天袋。収納以外の活用方法

  • 本来の用途は物置に近い収納
  • 動かさなくてイイものを入れる
  • 飾り棚として利用
  • ペット用スペースにする
  • ふすまと繋げて広めの空間に

天袋の本来の用途に始まり、画期的な活用方法を調べてみました。

本来の用途では収納というより物置のような感じです。置いたものを2度と外に出さないという方も多いんじゃないですか?

画期的な方法として色々調べましたが、一度置いたら動かさなくて良い物を置いていることが多いですね。

寝る助

寝る助

ちょっとしたDIYができるんなら、活用方法も広がるね

マイホーム計画から引っ越しまでのまとめ記事はコチラです。