スタートアップで生産性アップ!トイレに行っている間に朝の準備が終わってる!

パソコン, 生産性アップ

朝、パソコンを起動して仕事の準備に1分以上かかっている人。連休明けになんの仕事から手を付ければ良いのか忘れがちな人へ。
パソコンを起動してからトイレに行っている間に、朝の準備が全部終わっていたら楽じゃないですか?元システムエンジニアが実際に使っているおススメの方法をご紹介します。

こんにちは、たけし(@takeshinonegoto)です。

パソコンに最初から付いているスタートアップって機能を知っていますか?大変便利な機能で、生産性が上がるだけでなく、忘れ物の多い方はその対策としても効果が出せます。
私は仕事をするようになってから毎日使っています。

今回はそのスタートアップがなんなのか?どうなるのか?使い方や注意することはないのか?ということを中心に覚書として残しておきます。

 

広告

スタートアップってなんなの?

スタートアップというのは、パソコンを起動したときに自動的に任意のファイルやフォルダを実行してくれる機能です。

Windowsの中にスタートアップというフォルダがあり、そこに入れたソフトやフォルダなどがパソコンを起動したときに自動的に実行される仕組みです。

 

設定の方法は?

まず下記のフォルダを開いてください。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

[ユーザー名]はお使いのパソコンのユーザー名になります。

例えば私の場合はユーザー名がtakeshiなのでこんな感じになります。

 

[ユーザー名]以降はコピペで移動した方が楽です。下記の画像を参考にしてください。

 

フォルダを開けたら、ここに起動させたいファイルやフォルダやソフトを入れます。入れるのはショートカットでも大丈夫です。

例えば、こんな感じにしておくと、朝パソコンを起動させたときに

  • 起動させたいフォルダ1
  • 起動させたいフォルダ2
  • 起動させたいエクセル
  • 起動させたいソフト

が自動的に起動します。

 

おススメの使い方

スタートアップがなんなのか。どうやって設定するのかはわかった。じゃあそれを何に使えば生産性が上がるというのか?

ここでは私が実際に行っている、おススメできる使い方をご紹介します。

グループウェア・メールソフト・日報

会社についたらまずは朝のメールチェックという人は多いですよね。この辺の仕事中に必ず使うソフトなんかはスタートアップを使って、自動的に起動するようにしておくと楽ですね。

 

やりかけの仕事の管理簿

自分の抱えている仕事の管理簿をエクセルなんかで作っている人は多いですよね。

これさえ付けておけば、仕事の漏れはなくなるはず!

という目的で使っているかと思います。

でも、そもそも管理簿を開くことを忘れていたら。。。台無しですね。

スタートアップを使って、毎朝自動で開かれるようにしておけばそんなミスもなくなります。

 

翌日に行う作業のメモ

帰宅しようと思ったらお客さんから電話が来た。なんてことはよくある話ですよね。緊急であれば、その日に対応するかもしれませんが、

緊急でないなら翌日に回して今日は帰ろう!

。。。なんて思って翌日出勤したら、昨日のお客さんの電話はなんの要件だったっけ?という経験をしたことはありませんか?あるいは電話があったことすら忘れてしまう。。という人もいますよね。

連休明けなんかだと、こんな経験をしたことがある人も多いですよね。

そんなときは、メモ帳やワードを使って電話の内容を書いておき、スタートアップに入れておきましょう!翌朝パソコンを起動すれば、自動的にパソコンが思い出させてくれます。

 

 

注意することは?

注意することは特にありません。

私自身、社会人になってから毎日活用している機能ですが、スタートアップを使って失敗した!という経験は一度もありません。

しいていうなら、すでに終わった仕事のメモを残していたので、翌朝も自動的に起動されたことぐらいですね。終わったらメモは消しておけばOKです。

 

まとめ

スタートアップは大変便利なので是非活用していただきたい機能です。

  • 自動でファイルやフォルダが開かれる機能
  • Windowsに最初から入っている
  • 設定はスタートアップフォルダにファイルを置くだけ
  • 必ず使うソフトや、仕事のメモなどを自動的に起動

スタートアップはパソコンに詳しい人でも、あんまり知らない機能です。ですが、うまく使えば朝の数分を短縮できるだけでなく、仕事の漏れを防止することもできます。

生産性を上げるように言われることが多い今、パソコンで仕事をする人すべてに使ってもらいたいぐらいおススメできる機能です!

広告