資格試験の願書をネット申込するときの写真の作成方法

2017年9月21日パソコン

ネット申し込みで自分の顔写真の作り方がわからない方へ。資格試験などをネット申し込みすると、顔写真が必要になります。パソコンに最初から入っている機能を使って、顔写真のサイズを調整する方法をまとめました。

こんにちは、たけし(@takeshinonegoto)です。

最近の資格試験は、申込をインターネットですることができます。
このとき、自分の顔写真を使って申し込むことが多いです。

今回はネット申込をする際の、自分の顔写真の用意の仕方について覚書を残しておきます。

広告

顔写真の規定

顔写真について、資格試験ごとに様々な規定が設けられています。
例えば「行政書士試験」の申込では下記のような規定があります。

以下、行政書士試験研究センターより引用

(1) 顔写真は、試験当日、本人確認に使用します。
顔写真が実物と大きく異なる等、本人確認が難しい場合には試験当日、監督員が説明や運転免許証等の提示を求めることがあります。
(2) 受験者の顔写真(インターネット申込み用)の要件
受験願書提出前3か月以内に撮影したもの(カラー、白黒いずれも可)
無帽、無背景、正面上半身の鮮明な写真で、特に顔が良くわかるもの
顔の大きさが全体の程度あるもの
画像データの大きさ
高さ:幅の比率が4:3
データ形式  JPEG形式又は256色ビットマップ形式のどちらか
推奨サイズ(ファイル容量)
jpg形式の場合7KB~2MB程 bmp形式の場合70KB~2MBまで

こんな感じの規定がどの試験にもあります。

読んでいただくとわかりますが、要するに「本人確認ができるような写真を送ってくれ」ということです。

ここで注目していただきのが、赤文字の部分です。

高さ:幅の比率が4:3

これです。普通に写真を撮ると、この比率にはなりません。
多少違う比率でいっても問題ないのかもしれませんが、ネットで検索をするとサイズが規定通りになっていないということで、うまく申込ができないという事例がたくさん出てきます。

試験のためにたくさん勉強をしたい時期。
この時期に申込のことで時間を取りたくないですよね。

顔写真の撮り方

まずは顔写真を撮影します。
写真屋さんに行けばキレイな写真で、申込に使えるものを用意してもらえると思います。
ただ、ここでは自分で写真を撮って、それを使って申込をする方法を書きます。

まず撮影についてはスマホやタブレットのアプリで十分です。
下記のようなアプリが出ております。

証明写真アプリ

証明写真アプリ
無料
posted with アプリーチ

顔写真の加工

次に写真の加工です。
加工といっても、目をキラキラさせたり、お肌をツヤツヤにさせたりするアレではありません笑

写真のサイズを加工します。

上でも述べたように、資格試験によって写真サイズの規定が様々です。
ここでは、上で述べた行政書士試験の規定に沿った写真加工の説明をします。


まずは写真を上で紹介したアプリを使って用意します。
ここでは私のアイコン画像を使って説明します。


写真データのプロパティを見てみましょう。
プロパティは写真データを[右クリック]→[R]で開けます。
あるいは、[右クリック]のメニューから[プロパティ]をクリックしてもOKです。


詳細タブをクリックします。
「イメージ」というところを見ると、330×330と書いてあります。
幅と高さがそれぞれ330ピクセルということです。
これは私のアイコンの大きさなので、実際の写真データでは別のサイズになっています。

このサイズを

高さ:幅の比率が4:3

にします。
ということで、写真の加工をします。

写真加工のソフトは無償・有償いくらでもあります。
ただ、今回は資格試験の申込に使うだけです。
というわけでWindowsに最初から入っているソフトを使います。


Windowsアクセサリ→ペイント
をクリックして起動します。


ペイントソフトが起動します。
撮影した写真をドラッグして開きましょう。
あるいは[ファイル]→[開く]でも開けます。


写真を開いたら、[サイズ変更]をクリックします。


こんな画面が出てきますので、[ピクセル]をクリックします。


ここで所定のサイズ比率に準じた大きさに変えます。

高さ:幅の比率が4:3

ということは、1を80ピクセルとしたら、4は320ピクセル3は240ピクセルですね。
上の画像では高さ:幅ではなく、幅:高さになっていることに注意しましょう。


こんな感じになりました。
これは元の画像が正方形だったので、細長くなってしまいました。
元の画像の選定を間違えたきがしますが。。。

実際の写真の場合はここまでほっそりしないので、安心してください。

最後に保存をします。
たいていのネット申込みではファイルの種類を指定しております。
どのファイルを指定しているかはご自身の受ける資格試験のサイト等で調べる必要があります。

ちなみに行政書士試験の指定しているのは、JPEGかJPGだそうです。

こうして保存した写真データを使って試験の申込を行います。

まとめ

いかがでしたか?資格試験のネット申し込みはできそうですか?

  • 撮影はアプリを使って簡単にできる
  • 試験ごとに写真に関する規定があるので、まずはそれをチェック
  • サイズの加工はWindowsに最初から入っている「ペイント」を使用

できることなら、この申込方法に慣れる前に合格したいものですね笑
申込が完了すれば、あとは当日に向かって勉強を進めるだけです!
がんばりましょう!

広告