ほぼ日記!リフォーム中の古民家の写真をUPしてみた。今しか見れない写真も撮れたよ!

2017年10月26日古民家

古民家の購入を検討してる方へ。リフォーム中の我が家の写真を公開します。今でしか見られない施工中の写真には、現在の住宅には無いものが映っていました。
※心霊的なものじゃないから安心してね!

こんにちは、たけし(@takeshinonegoto)です。

先日購入した古民家のリフォームが開始されました。
普段は見られないリフォーム中ならではの写真を撮影してきたので、早速ご紹介してみます!

壁や天井を壊したことで新たにやらなくてはいけないことも増えております。
見積もり額がどんどんあがるよー

今までは建築屋さんとの打ち合わせばかりでしたが、今回初めて大工さんとお会いしました。
名刺をもらったんですが、その肩書が。。

歴史的建造物修復士

なんかすごそう。。。
調べてみたら公益社団法人 金沢職人大学校というところを修了した方ということみたいです。

 

我が家は歴史的建造物なのかな笑

 

広告

リフォーム中の写真

こっちはリビングになる予定のところです。
脚立が置いてあるところはもともと床の間だったところです。

床下の木材は朽ちかけてているので、新しい木材に直します
この木材は垂木(たるき)と言うらしいです。

 

こちらはダイニングになる予定のところです。
ダイニングはキッチンとくっついているタイプです。

元々キッチンだったところだったためか、下がコンクリになっております。
リビングもそうですが、他のところはすべて下が土になっています。

 

先ほどのリビングからキッチン・ダイニングを見た場合の光景です。

間の廊下とキッチンの天井は壊していませんが、リビングは吹き抜けにしています。

 


こちらは和室にするところです。
最初に来たときはここの床もめくれていて、下の土やら基礎が見えている状態でしたが、うろついている間に新しい床になってしまいました笑

 

ここはお風呂になる予定のところです。
たぶん現在の新築だとこの辺もコンクリの基礎で埋められているのかな。

 

こちらは玄関近くの天井を開けたところです。
なんか白いヒモのようなものが埋められていますね。なんの素材でどんな意味があるんでしょう。

 


ここすごいですね笑
もともと階段があったところです。

というのもこの家なんですが、最初は階段が2つあったんですよ。
そして階段の内1つを壊してキッチンを拡張したんですね。

だから2階から見ると崖のようになっています。
もちろん最終的には板を張って床にします。

リフォームの参考サイトとかを見ると、こういうところにボルダリングを付けて遊びを取り入れるっていうのもありますよね。

 

リフォーム後のDIY

リフォームの後に自分たちで色々とやってみようと思うことがあります。

DIY!っです!


これはリビングの吹き抜けにある梁なんですが、下の記事でも言ったように梁にはオイルで塗装をしなければなりません。

 

梁の塗装は難しそうなのでプロに任せるとしまして、柱とかの塗装は自分でやってみようかと思っています。

建築屋さんにやってもらうとキレイになりますが、ちょっと金銭面がキツイですね。。。
予算が余っているならいいですけど、キッチンや風呂のランクを下げているくらいですし。

できる部分は時間をかけて自分でやってみるのも良いかなと。
DIYしたらブログでも載せてみますね~。

まとめ

今回は書き終わってから見直したら、

「日記かよ」

って思いました笑

リフォーム中のめずらしい光景をご紹介できましたが、たいして覚えていただきたい、知っていいただきたい知識を与えられていないような。。。

まぁ梁の写真とかを見て古民家に興味を持ってくれる方が増えればいいな~なんて思ってます。

たまにはこんな記事があっても良いかなと笑

広告

古民家

Posted by たけし