パソコン初心者から脱出!便利なショートカットキー【エクセル編】

2018年4月7日IT, パソコン, 生産性アップ

パソコン初心者から中級者になるために覚えておきたいショートカットキー。今回はエクセルで使えるものをまとめました。実務でもよく使うものを厳選したので、是非覚えておきましょう。

どうも!お疲れ様です。たけし(@takeshinonegoto)です。

基本編に続いて今回はエクセル編です。

仕事をしていると頻繁に使うのがエクセルです。パソコンをよく使う人=エクセルをよく使う人と言っても過言ではないですね。

エクセルには独自のショートカットキーがたくさんあります。その中でも実務で頻繁に使うものだけを厳選してまとめてみました。

これを使いこなせれば初心者とは言われない。むしろ中級者と呼ばれるべき存在になれます。

 

その前に基本編やその他おススメ編を見ていない方はコチラもサクッと見ておくことをおススメします。

パソコン初心者から脱出!便利なショートカットキー【基本編】

パソコン初心者から脱出!便利なショートカットキー【その他おススメ編】

 

広告

上のセルをコピペ

[Ctrl]+[D]

すぐ上のセルに書いてある内容を書式ごとコピペできます。

普通のコピペをするよりも、ひと手間省略できるので覚えておくと便利です。

 

左のセルをコピペ

[Ctrl]+[R]

すぐ左のセルに書いてある内容を書式ごとコピペできます。

普通のコピペよりも、ひと手間省略できるので覚えておくと便利です。

上のセルのコピペもそうですが、エクセルでは隣のセルの内容をコピペすることが多いです。例えば、集計表を作っているときに、合計値は一番下や右端にまとめて記載することが多いです。このとき、一か所だけ入力をしておき残りはコピペする。という方法を取ります。

そんなときにこのショートカットキーを使えると便利ですね。

 

今日の日付を入力

[Ctrl]+[;]

今日の日付を入れることができます。管理表なんかを使っていると、「〇〇日に~~をした」という内容を記載することがあります。

このとき、このショートカットキーを使えば一発で今日の日付が入ります。入力が簡単なこともイイことですが、入れ間違いが無くなるというのもメリットのひとつです。

 

今の時間を入力

[Ctrl]+[:]

今日の日付を入力と似ていますが、コチラは時間を入力します。

業種や職場によりますが、時間を管理する表を使う場合には便利なショートカットキーです。

一応、今日の日付入力とセットで覚えておくとイイですが、あまり使用頻度は高くないと思います。

 

セルの書式設定を起動

[Ctrl]+[1]

セルに斜線を付けたり、入力した値を日付に変換したりするための画面である「セルの書式設定」を起動できます。

「セルの書式設定」はエクセルで管理表などを作っていると頻繁に使う機能ですが、マウスクリックで起動するには入り組んだ場所にあります。ショートカットキーを覚えておけば、簡単に起動できるので覚えておくとイイです。

 

取り消し線

[Ctrl]+[5]

セルの入力内容に取り消し線を引きます。

太字にする[Ctrl]+[B]や、下線を引く[Ctrl]+[U]は知っている方も多いと思いますが、取り消し線にもショートカットキーがあります。

あまり使用頻度の高いものではないですが、それだけにいざ使うとなるとどこにあるかわからなくなりがちな機能です。場所を覚えておくよりも、ショートカットキーを覚えておいた方が楽なんじゃないかと思っています。

 

複数のセルに同時入力

[Ctrl]+[Enter]

このままだと意味がわかりにくいかもしれないので、画面で説明します。

同じ内容を入力したいところを、あらかじめ選択しておきます。[Ctrl]を押しながらマウスでクリックすることで、画面のように選択できます。

 

入力したい内容をタイピングします。ここでは「同時入力」と入力しました。「同時入力」とタイピングできたら、[Enter]を押す際に[Ctrl]も一緒に押します。

 

最初に選択したセルすべてに「同時入力」と表示されます。

 

このショートカットキーはセルの書式はコピーしません。ですから、色を付けてたり、枠を付けているセルの内容を他のところにコピペしたいときに便利です。

また、地味に便利なのがフィルターを使っているエクセルシートの場合です。フィルターを使っていると、思うようにコピペができません。コピーはともかくペーストをすると、フィルターで絞っている部分にまでペーストされてしまいます。

[Ctrl]+[Enter]であれば、フィルターをかけたままでも、選択をしたセルだけに同時入力ができます。

 

選択しているセルの編集

[F2]

選択しているセルの内容を編集できます。セルに色々と文章を打ち込んだあと、文章に追記をしたいとき、そのまま入力をすると上から新しい文章を打ち込むことになってしまいます。

F2を押すとセルの内容を編集できるようになるので、追記でも削除でも自由に行えます。

 

直前の行動を繰り返し

[F4]

直前に行った行動を何でも繰り返すことができます。

例えば、セルに色を黄色を塗ったとします。別のセルを選択してF4を押すと、そのセルにも黄色を塗ることができます。

他にもセルの結合や書式の変更など、なんでも繰り返すことができます。このショートカットキーが使えるソフトはたぶんエクセルくらいだと思います。

 

まとめ

おススメベスト3

  1. [F4]
  2. [Ctrl]+[Enter]
  3. [Ctrl]+[;]

ベスト3は上のようにしましたが、[Ctrl]+[D]や[Ctrl]+[R]もなかなか便利です。

作業内容によって、どのショートカットキーの頻度が高いかは変わってくると思いますので、とりあえず一通り試してみることをおススメします。

 

他にも基本編とその他おススメ編があります。

パソコン初心者から脱出!便利なショートカットキー【基本編】

パソコン初心者から脱出!便利なショートカットキー【その他おススメ編】

 

 

広告