【住宅ローン】色んなプロに聞いてみた!【固定金利?変動金利?長期?短期?】

2017年10月26日古民家

住宅ローンについて考え始めた方へ。我が家の購入時に住宅ローンを組みました。そのときに検討したこと、実際にどうしたのかをまとめてみました。

色んな分野のプロに意見を聞いてみたので、それも参考にしてください!

こんにちは、たけし(@takeshinonegoto)です。

今回は住宅ローンについてのお話をします。

 

家を購入したり、大規模なリフォームをするときはローンを組むのが基本ではないですか?

でもローンを組むとなると、どこの銀行で借りようか?固定金利?変動金利?何年固定にするべき?などなど、普段あまり気にしたことのないことを耳にするようになります。

 

ローンの組み方は〇〇を選んだら正解とか、××を選んだら不正解という話ではありません。

 

ローンを組むとき、あなたの周りの環境によってベストな組み方が変わってきます。

自分の資産や収入に対し、どれぐらいの金額を組むのか。どんな生活をしているのか。いつローンを組むのか。そのときの日本経済はどのような具合か。

 

つまり借りる人によってベストな組み方が変わってきます。ただ、その中でもよりベターな組み方を選択したいという気持ちはありますよね。

今回は私がローンを組む上で調べたこと、実際に組んだローンについての覚書を残しておきます。

 

広告

固定金利?変動金利?

ローンには金利というものがあります。
仮に銀行から2,500万円借りたとしましょう。

その場合、返すお金はいくらになるでしょうか?

借りたのが2,500万円なら返すのも2,500万円ですか?

違いますよね。2,500万円を借りたのなら、そこに利率を掛けた金額を上乗せで返さなければりません。この利率が金利です。

 

銀行のような金融機関の収入源のひとつとして、この金利があります。
銀行は私たち一般人にお金を貸して、その金利を収入としています。

つまり金利というのは銀行の商品のようなものです。
銀行は自分のところから借りてもらおうとして、色々な金利を用意しています。

その代表的なものが、固定金利と変動金利です。

では固定金利と変動金利はどんな違いがあるのでしょうか?

 

固定金利

固定金利とは借りた時点での金利で所定の期間はお金を借りることができるという金利です。
つまり借りた時点の金利が1%であれば、来年も1%というのが固定金利です。
利率を固定した金利ということですね。

 

じゃあ全額返済するまで利率が固定されているの?そうではありません。

固定金利は2年固定、3年固定、5年固定、10年固定というように分岐されています。

金融機関によってはもっと色々な種類の金利があります。

 

2年固定というのは2年間は最初に固定した利率で借りれるよ。という意味です。

10年固定ならば10年間は最初に固定した金利で借りれるよ。という意味にになります。

 

単純に考えるなら、一般的に利率が低いと言われている時期は長めの固定金利が良いという話になります。

ただ、そこまで単純な話ではありません。

 

2年固定の金利は10年固定の金利よりも利率が低いです。

ちなみに石川県の某金融機関の2017年9月現在の金利は下記の通りです。

  • 2年固定・・・0.400 % ~ 1.700 %
  • 10年固定・・・1.900 % ~ 3.700 %

という感じです。

2年固定の方がそもそもの金利が低いんですね。

銀行としては短めの固定金利を選んでもらいたいという気持ちがあるんでしょうかね。

 

ちなみに1.900 % ~ 3.700 %というように幅があるのは、その金融機関のサービスに加入したりすると、安めの金利にしてあげるよという意味です。

一般的に、そこの金融機関で作った口座を給与振り込みの口座にすると、最安値になります。

 

今後2年、3年以内に金利が上がると見るなら10年固定とするのが良さそうですね。

逆に2年、3年以内にさらに金利が下がる。あるいは同じである。と見るなら2年固定が良さそうですね。

つまり今後の日本経済をどう見るかがポイントということになります!

 

変動金利

正直こちらはあまり調べていません笑

というのも私がローンを組んだのは2017年8月です。

このとき、日銀のゼロ金利政策などがあったり、直近で金利を上げることはない。という発言があったりという経済情勢となっております。

 

変動金利は半年ごとに金利を見直すという仕組みの金利となっています。

つまり、これからどんどん金利が下がっていくのであれば変動金利の方がお得かもしれません。

 

そう考えると、この時期に変動金利を選ぶのは、かなりギャンブル性が強いかなと考えられました。特に裕福なわけでもなく、長男が産まれたことで教育費も必須になる我が家において、ギャンブル性の高い借り方はしない方が良いな。という結論です。

 

という訳で最初から変動金利という選択肢は頭にありませんでした!笑

 

プロに聞いてみた!何年固定の金利を選ぶべき?

先述したように固定金利という選択肢しかない我が家なわけですが、それでも2年や3年という短期の固定金利を選ぶべき?10年のような長期の固定金利を選ぶべき?という悩みが残ります。

お待たせしました。色んな分野のプロからの意見を書いていこうと思います!

 

どんな基準で選ぶのか

ポイントは固定金利の説明でも述べたように、今後の金利が、、、

  • 上がっていくか
  • 下がっていくか
  • ほぼ変わらないか

ということになります。

こればっかりは確実なことを言える人はいないでしょう。
言えたとしても予想の範囲を出ないことになります。
それこそタイムマシンで見てくるぐらいしかありませんね笑

ただ、やっぱりこういうことに詳しい職種の人たちっていうのはいるみたいで、例えば経営コンサルタントをやっているような税理士さん、金融機関のお偉いさん、政治家、経済学者などなどです。
もしこういった職種の方たちが身近にいる場合は、相談をしてみるのもひとつの手です。

私の場合は、税理士事務所の職員、金融機関の支店長(借りる金融機関じゃないです)が身近にいたので相談をしてみました。
また、こちらの記事で相談をしている、家の購入を専門にしているコンサルタントにも相談してみました。

結果としては、全員一致で長期の固定金利でした。

私も個人的にそう思います。別に経済に詳しいわけではありませんが、「さすがにこれより下がることはないだろう」と思いました。

 

長期固定金利のメリットは?

金利が長期間固定されるということのメリットは、将来の収支の予想が立てやすいということもあります。20年間金利を固定するということは、20年後まで住宅ローンで毎月に支払う金額をあらかじめ計算することができます。

これから子供に使うお金があることも考えると、毎月の支出が確定していると気が楽ですね。

金利の比較

そして、石川県でローンを借りるなら、地方銀行3つのどれかになります。
(一応メガバンクという選択肢もありますが)

私は北國銀行と労金を比較して選んでみました。
北國銀行は労金と比べて短期の固定金利が優れています。

  • 北國銀行の3年固定・・・0.5%~1.8%
  • 労金の3年固定・・・0.6%~1.2%

0.1%だけですが、北國銀行の方が有利ですね。
では、長期の金利ではどうでしょうか?

  • 北國銀行の20年固定・・・1.9% ~ 3.7%
  • 労金の20年固定・・・1.4%~2.0%

労金の方が0.5%も有利ですね。
さらに北國銀行は長期の固定金利は20年が最大なのに対し、労金は30年固定まであります。
※先述していますが、基本的に給与振込先をそこの金融機関にするなどの条件で、最安値の金利になります。
例えば、労金の20年固定であれば1.4%、北國銀行の3年固定であれば0.5%となります。

 

保証金

労金は保証金というものがあります。
保証金というのは簡単に言うと、金融機関が入る保険の保険料で、借りた人が支払うお金です。
借りた人が返せなくなった場合に、金融機関は保証会社から返してもらえるという仕組みです。

この保証金が結構高くて、2017年9月現在で年0.08%~年0.22%となっています。
そしてこの保証金は一括返済ということも可能で、借りたお金からまとめて一括返済することができます。
さらに一括返済の場合、金沢に家を建てる人なら、後から10分の1ほど市から還付されるという制度もあります。

借りたお金から一括返済するということは、仮に2,000万円借りたとしたらその内の数十万円は保証金に充てることになるということです。
つまり実際に家のことに使うお金が、保証金の分だけ減るということです。

 

結局どこをの何年固定を選んだ?

上で言ったように私は長期の固定金利を選ぼうと思っています。
そして長期の固定金利は労金が有利です。
ただし労金には保証金があります。

ということを踏まえた上で、長期の固定金利を選ぶことに大反対をした方々がおりました。

建築会社の方々です。

建築会社の人たちからすれば、保証金の分だけ自分たちの仕事の報酬が減ると言っているようなもんですからね。
まぁ反対したくなる気持ちもわかるんですよ。数十万の売り上げって結構大きいですしね。

ただ、これを振り切るのが結構めんどうでした。。。
話す度に北國銀行が良いよ!と言ってきます。
ローンの申し込みをするときも、北國銀行のときは立ち会ってくれるのに、労金のときは立ち会ってくれませんでした。
それこそ労金でローンを借りた後にも、北國銀行が良いよ!と言われました笑

 

最終的にどこの金融機関の何年固定を選んだかというと

労金の30年固定を選びました。

20年固定とも迷いましたが、中途半端に長くするより一番長期間の方が良いと思ったからです。
それに建設会社の人にあんまり強くおススメされると、逆に怪しく感じるというか。。。
まぁこればっかりは誰にもわからないところですよね。
30年後に「よかった」と言えることを願うだけですね笑

 

それぞれのプロの方の意見は以下のとおりです。

  • 税理士事務所の職員
    →長めの固定金利
  • 金融機関の偉い人
    →長めの固定金利
  • 住宅コンサルタント
    →長めの固定金利
  • 建築会社の社長
    →短めの固定金利

 

 

まとめ

いかがでしたか?石川県でローンを借りるときの参考にしていただければと思います。

  • 金利には固定と変動がある
  • 固定の中にも短期と長期がある
  • 選ぶポイントは今後の日本の経済情勢
  • 石川県なら北國銀行か労金がおススメ
  • 相談する人を間違えないように

実際に借りる手続き自体はそんなに難しくありません。
ただ書類をいっぱい書くのが少し疲れるくらいです。

考えることを止めて、「どれを選んでも良いかな~」では数十万、数百万単位で損をすることもあるので、大変ですが頑張りましょう!

広告

古民家

Posted by たけし