どうやって決める?マイホームの間取りやデザインの決め方

2017年10月26日古民家,

これからマイホームの計画を立てるよ!って人へ。我が家のマイホーム計画をご紹介します。

今回は、「間取り」を決めるときの注意事項やイメージの膨らませ方についてご紹介します。

どうも!お疲れ様です。たけし(@takeshinonegoto)です。

コッチの記事でも書きましたが、金沢で古民家を購入してみました!

 

買う物件を選んだら、次はリフォームをするために間取りや内装のイメージを決めます。

古民家はそのまま住むことはほぼできないと思った方がイイですね。

というのも、風呂やキッチンなどは昔のものを使っていますし、床なども歪んでいることが多いです。ただ、内部の木材なんかは意外と良いものを使っていたりするので、そこは安心できますよ!

家と土地自体の金額が安いので、その分リフォームに予算を使う感じですね!

 

この時期は色んな物件の写真を見たり、現地に行ったりしてイメージを膨らませました。

毎週工務店との打ち合わせをしていましたが、とても楽しかった覚えがあります。

 

広告

間取りを考える前にチェックしておくこと

中古物件にもよりますが、昔の家は部屋が細かく区切られていることが多いです。

それに対して最近の家は、大きな部屋の中にリビングもキッチンも入っていることが多いですね。いわゆるLDK(リビングダイニングキッチン)ってやつです。

和室まで入っていることもありますね。

 

昔に比べてエアコンの性能や部屋の断熱性が上がったことで、大きな部屋でも快適な環境にすることができました。
最近の部屋が大きいのはこういう理由があるみたいですよ。

ってわけで既存の壁を壊して、部屋を大きくしてもらおう!

 

って思ったんですけど、柱や壁の中には壊せないものもあるんですね。耐震の関係で壊しちゃうと補強が必要なったりしちゃうんです。絶対に壊せないわけじゃないですが、新しく補強をするくらいなら、壊さないでイイかなと。

 

ってわけで、間取りを決める前にチェックしておくことは、壊せない壁や柱が無いか!ってことです!

壊せない柱や壁を教えてもらったら、それに合わせて間取りを考えましょう!

 

家の間取りやデザインの参考資料を集める!

壊せない柱や壁を教えてもらったら、次は間取りや家全体のイメージについて考えましょう!

実際の物件を見たり、写真を見ると良いアイディアが出てきますよね!
ネットで調べても良いですし、モデルハウスや内覧会に出かけても良いですね。

私はスマホのアプリでも調べてみました。そのときに使ったアプリの紹介をします。

 

Pinterest(ピンタレスト)

Pinterest(ピンタレスト)
開発元:Pinterest
無料
posted with アプリーチ

こちらのアプリは自分の気になるワードを検索すると、それに紐づくようなワードとともに画像が表示されるようになっています。

 

例えば「アウトドア」と検索すると、それだけでも検索結果が出ますが、「キャンプ」「釣り」「カヌー」などの関連ワードも出てきます。

気になる画像をクリックすれば、そのサイトにアクセスすることもできます。

Googleの画像検索みたいですね。

 

さらに、こちらのアプリはメールアドレスを登録することができます。

暇なときにいくつかのワードで検索しておけば、定期的にメールで関連する画像を送ってくれるので、ちょっとした合間などに見ることもできます。

 

Houzz 住まいのデザインアイデア

Houzz 住まいのデザインアイデア
開発元:Houzz Inc.
無料
posted with アプリーチ

こちらのアプリでは家の部屋ごとにおしゃれな画像を見ることができます。

あらかじめ「キッチン」「リビング」「玄関」「階段」などの家に関連するワードが揃っており、タップすることでおしゃれな画像を見ることができます。

もちろん画像からサイトにアクセスも可能です。

「何から見れば良いかわからない!」って方はこちらのアプリから使ってみることをお勧めします。

 

Epic Zen Garden

Epic Zen Garden
開発元:Unreal Engine
無料
posted with アプリーチ

少し使いにくい感じもしますが、和風の画像をたくさん見ることができます。

古民家を購入するからには、和風の物を取り入れたいでしょ!という気持ちに応えてくれるようなアプリです。

 

モデルハウスや内覧会で実物を見て触って来るのも良いと思います。

ただ、見れる量に比べてかかる労力や時間が見合っていないような気も。。。

 

こういったアプリや画像検索なんかでは、何より量がすごいです。

また、海外のインテリアを気軽に見ることができるという点も良いですね。

 

ってわけでアプリや内覧会で、家のイメージや間取りのイメージを決めてみましょう!

 

間取りを考えて工務店へ

間取りやイメージを膨らませたらリフォームをする工務店に相談しに行きましょう。

 

工務店によっては古民家を手掛けるノウハウが無いところもあるみたいです。

逆に古民家を専門に扱っているところもあります。

私はコンサル会社から古民家専門のところを紹介してもらいました。

 

間取り図を見ながら色々と打ち合わせを進めていきます。

専門家として間取りのアドバイスをいただけるので、素直に参考にしながら進めていきましょう。

そして見積もりの概算を作ってもらいましょう。

 

物件を購入する決意ができたら売主側の不動産屋との交渉になります。

こちら側も不動産屋を立てて、値段や売り渡し時期の交渉となります。

 

問題なく売り渡し時期が決まれば、次はローンの申し込みになります。

広告

古民家,

Posted by たけし