多言語化サイト!意外にアクセスが増えました

ブログ, 古民家

多言語化サイトを目指している方。
日本文化を海外に伝えたい方。
日本文化をブログで扱っている方。
多言語化SEOについてご紹介します。

こんにちは、たけし(@takeshinonegoto)です。

このブログは古民家をメインに扱っており、そこに紐づくようにDIYなんかも記事にしております。古民家とは日本独自の建築文化であって、私のように日本人でありながら興味を示す人もいれば、外国人として興味を示す人もいます。

先日、Facebookでたまたま外国人向けのグループを見ていたところ、世界の独特な建築文化の紹介をしているグループや、日本文化が好きというグループを見つけました。せっかくこういったブログを運営しているので、そのグループに参加をして投稿をさせていただきました。

今回はそのときの話を覚書として残しておきたいと思います。

 

広告

海外グループに投稿した結果

まず外国の方の反応が素晴らしい!

Facebookは海外でも利用人口が多く、私が参加したグループもメンバー数が数万人おりました。そんな中、我が家の写真とともにひと言添えて投稿をしてみました。

すると、「美しい」「すばらしい」「キレイ」「日本に行きたい」「もっと見たい」などなどの嬉しいコメントがすごい勢いで付きました。ipadがFacebookの通知でピコピコ鳴りまくって、息子が起きてしまうほどでした。

このブログのURLも貼っていたので、こちらへのアクセスも伸びまくりです。普段のFacebookからのアクセスの6倍くらいのアクセス数になりました。

アクセス数の増加は翌々日くらいまで続いており、ここ数日で普段の2週間分ほどのアクセスとなりました。

 

ただ嬉しい話はここまでで、ブログとSNSの連携をしている方ならご存知と思いますが、FacebookからのアクセスはGoogleのSEOには無関係です。したがって、アクセス数の増加はあくまでもFacebookからであり、Googleからの検索流入数なんかはいつも通りでした。

 

今後の展望

よくよく考えたら日本文化が好きな外国人というのはいっぱいおります。テレビでも日本文化を外国に紹介している番組が多々ありますよね。

もし日本文化に興味のある外国人が、Googleで検索をした際にこのブログが表示されるようになれば。。。きっとFacebookからだけでなく、Googleの検索流入からも多数のアクセスを見込めそうです。

 

というわけで、海外の方がGoogle検索をしたときに、このブログを表示させる方法について調べてみました。

 

参考にしたWEBサイト

まずはコチラのサイトです。ブログをやっている方はきっとご存知のサルワカさんです。

 

私が考えているようなことは、多言語化サイトというそうです。

結論として、多言語化サイトをする際にベストな方法はURLを日本語とそれ以外とで分けることです。

 

何も調べていなかったときは、日本語と英語を同じページに2つ表示させれば良いかな?と考えておりました。ところがこの方法は、Google様がお気に召さないようです。

 

それじゃあ、翻訳機能をブログに追加して、訪問した人が自由に翻訳できるようにすればどうだろうか?と考えました。先述した方法よりかはマシだそうですが、こちらもベストではありません。

なぜならこの方法の場合は、Googleが日本語のサイトとでしか認識をしないためです。何らかの方法でこのブログにアクセスした外国人の方は満足するかもしれませんが、Googleの検索結果にヒットするのは日本語で検索をした場合だけです。

つまり当初の目的である、海外からの検索流入の増加には直接つながりません。

 

というわけで、最初に申し上げた結論のように、URLを日本語とそれ以外とで分けることがベストになります。この方法であれば、Google様は日本語の検索ワードはもちろん、外国語の検索ワードでもヒットさせてくれます。

じゃあ具体的にはどうするの?というところですが、そこは参考にしたサルワカさんのサイトを見ていただければと思います笑

ただ、サルワカさんは簡単にできると書いてありますが、私個人には少しハードルが高く見えてしまいます。。。

 

次に参考にしたのがコチラのサイトです。

コチラのサイトはまさに先述したベストな方法を取られています。

 

サイトの上部に言語ごとのページ切り替えプルダウンが表示されています。こちらで日本語を選択すればサイト全体が日本語になっているページに切り替わります。英語にすればサイト全体が英語になっているページに切り替わります。

もちろんURLも別になっています。

言語ごとにページを切り替えるってどういうこと?と思った方は是非コチラのサイトを見ていただきたいと思います。私もこのサイトを見るまでは具体的なイメージができませんでした。

 

まとめ

今回3日間ほどかけて多言語化サイトについて調べてみました。結論としてはURLを分けるという方法がベストであるということです。

ただ、やっぱりURLを分けて多言語化サイトにするのはハードルが高く感じます。多言語化サイトへの準備もそうですが、その後の各ページの翻訳が大変そうです。

実は機械による翻訳のままではGoogle様にスパム扱いを受けてしまう恐れがあります。そのため、ネイティブな言語への変換が必要になります。

まぁ私は元々理系で、英語の勉強をまともにやったのは高校受験が最後です笑

とりあえずは、先述したベストではない方法ですがGoogle翻訳機能をサイトに付けておきました。外国から来られた方がおりましたら、ページ上部にある翻訳機能を使ってみてください!

 

もし、こんな方法で多言語化サイト化、あるいは海外からの検索流入を増やしたよーという方法がありましたら、是非とも教えていただきたいです!

広告