住宅リフォームや新築で使える補助金・助成金。石川県金沢市で家を建てるなら

2017年8月21日

新築・リフォームをする前に必ず読んでください!補助金・助成金の申請は、工事の前にしておかないと受け付けてもらえないものばかりです。後から「補助金を使えばよかった・・・」とならないようにしましょう。

こんにちは、たけし(@takeshinonegoto)です。

先日リフォーム業者から見積もりをいただきました。予想はしていましたが、ビックリする金額でした・・・

やっぱりフルリフォームとなると高い・・・

ちょっとでもリフォーム代の足しになればと思って、石川県や金沢市が出してる補助金を調べてみた結果、以下のことがわかりました。

  • 10万円単位の補助金が多数
  • 家の購入時にしか使えないものもある
  • 家の購入後に使えるものもある

 

マイホーム計画から引っ越しまでのまとめ記事はコチラです。

 

マイホームに使える補助金・助成金とは?

調べてみると結構出てきます。新築はもちろん、改修なんかでも出ますし、他市町村からの移住で出るものもあります。パッと調べただけで10個以上は見つかりました。

もちろん全部の補助金を受けられるわけではありませんが、いくつかは受けられるものもあるんじゃないでしょうか?

 

補助金・助成金は都道府県や市町村が主体となっています。そのため、お住まいの地域ごとに微妙に内容が異なります。でもご安心ください!実はほとんどの自治体が似たような補助金・助成金をやっています。

ちなみに補助金・助成金の手厚さですが、実は田舎に行くほど手厚い傾向にあります。なぜなら、少しでも移住してくる人を増やしたいからです。逆に人口の増えていっている地域では、あまり手厚くないこともあります。

 

ちなみに「補助金」と「助成金」って似ていますがどんな違いがあるかご存知ですか?

「助成金」とは主に企業が従業員を雇用する際に利用できるもので、そうでないものが「補助金」というような枠組みだそうです。

ただ、実際にはそういった枠組みはあまり考慮されていないみたいです。ですので、この記事の中でも「補助金」と「助成金」という言葉を枠組みを考慮せずに使っていきます。

 

気になった補助金・助成金

 

 

かなざわ空き家活用バンク

まずは古民家関係ということで、こちらの助成金です。

「空き家バンク」という空き家として登録されている中古物件を購入した方を対象とした助成金です。登録されているのは、いわゆる「古民家」と呼ばれる昭和25年以前に建てられた空き家です。

ここで購入した物件のリフォーム費などを一部補助してもらえるという助成金です。

 

木質ペレットストーブ設置費補助

ペレットストーブの購入をした場合に設置費用の半額(上限あり)を補助してもらえるという補助金です。

ペレットストーブというのは、「ペレット」という木材をギュッと圧縮した粒を燃やし、その熱で暖房とするストーブのことです。

灯油ファンヒーターやガスファンヒーターよりもお手軽さが無いですが、薪ストーブよりもお手軽に使えるといった感じです。

ファンヒーターが熱風で部屋を暖めるのに対し、赤外線効果でじんわりと熱するのがペレットストーブや薪ストーブです。大き目のリビングなんかではより効果を発揮しそうですね。

 

私自身、ペレットストーブについては検討をしました。残念ながら購入はしなそうですが・・・

ただ、金銭的な余裕ができたら是非購入したいと思っています!購入したときには、使い勝手なども記事にしていきます。

ちなみに「薪ストーブ」は補助金の対象外です。一部市町村では薪ストーブも対象にしているみたいですが、金沢市は対象外です。

 

雨水貯留・浸透施設の設置費に補助します

雨水タンクを設置する際の費用を補助してもらえるという補助金です。

雨水タンクというのは、雨を貯め込むタンクのことです。家庭用としては、数十リットルから数百リットルの容量のものになります。

雨水タンクの容量によって、補助してもらえる金額が変わります。こちらも検討をしたのですが、残念ながら購入はしなさそうです・・・

ただ、ペレットストーブと同じく、金銭的な余裕ができたら是非購入したいと思っています!

 

【追記】
先日雨水タンクを購入して、補助金の申請を行いました!申請はびっくりするほど簡単で、雨水タンクとその付属品の購入代の3分の2を補助してもらえました!

 

雨水タンクには2つの意味があります。

1つは、溜まった雨水の再利用です。庭の植物への水やりや、暑い日の打ち水なんかに利用します。また、高圧洗浄で有名なケルヒャーや、災害時の生活用水にも使えます。

もう1つは、大雨による被害の軽減です。

大雨によって雨どいから大量の水が流れて、それが河川の氾濫を招くことになります。そこで雨水タンクを各家庭が付けていれば、河川へ流れる雨水の量を軽減できるという効果があります。

要するに小さなダムを各家庭に置いているイメージですね。雨の多い金沢は、他の地域に比べて効果が期待できそうですね。

生ごみ処理機購入助成

生ごみ処理機を設置する際の費用を補助してもらえる助成金です。妻が欲しそうなことを言っておりました。私はあまり台所に立たないので、ありがたみがわかりませんが良い物みたいです。

処理した生ごみは肥料に使えますので、庭で植物を育てたい人にはちょうど良いですね。

こちらも設置費用の半額(上限あり)が補助される助成金です。

 

その他

いしかわの木が見えるたてもの推進事業

 

住宅用高効率エネルギー設備設置費補助

 

住宅用太陽光発電システム等設置費補助

 

その他にもこのような補助金があります。

主に「エコ」や「地域のもの」を利用した場合に補助金が出るといったイメージです。金沢市が行っているものについては市役所のHPに詳細が記されております。

住宅リフォームや新築で使える補助金・助成金。まとめ

色々な助成金がありますが、いずれも10万円単位でもらえるものがほとんどです。家を建てたり改修したりすると、1000万円以上はするので、10万円と言うと小さく感じますね・・・

ただ、10万円あればキッチンやお風呂のグレードをいくらか上げることができたりしませんか?あるいは収納を1つ追加できたり、窓を1つ追加できたり。

そう考えると1000万円の中の10万円も大きな金額ですね。

 

また、空き家バンクの助成金なんかだと、家の購入時にしか使うことができません。

ですが、ペレットストーブのようなものであれば、家の購入が済んで落ち着いたころに設置をし、助成金を受けることもできます。

今すぐに使うお金は、家や家族の健康や非常時のために使っておき、ある程度溜まったころにペレットストーブや雨水タンクを再検討してみてはいかがでしょうか?

 

マイホーム計画から引っ越しまでのまとめ記事はコチラです。