10人以上のプロフィール記事を読んでみた感想【Twitter企画】

2018年9月29日

どうも!お疲れ様です。たけし(@takeshinonegoto)です。

この記事ではTwitterで募集した方のプロフィール記事を読んでみて、わかったことをまとめています。

ブログを読んでいて「プロフィール」を読んでみたくなるときってありますか?

僕は調べてものの参考になったブログがあったとき、プロフィールを読むことが多いんです。なんとなく書いた人のことが気になっちゃうんですよね。

 

プロフィール記事を読んでいると、書いた人のイメージが浮かんできませんか?そこで浮かんできたイメージが「詐欺師」だった場合と「爽やか好青年」だった場合じゃ、他の記事に影響してきそうですね。

別に本当の自分よりも背伸びしたイメージになるようにしなくてもいいんです。ありきたりな言葉ですが「等身大の自分」をイメージしてくれるようなプロフィール記事ならイイんです。

例えばブログ全体が「詐欺の方法」に関するものなら、プロフィールで浮かんで欲しいのは「一流の詐欺師」のイメージです。「詐欺の方法」に関するブログなのに「爽やか好青年」が浮かんでくるプロフィールじゃ困りますよね。

 

だからこのブログでもプロフィールって大事にしたいんですけど、ぶっちゃけどう書いてイイかわかんないんですよね。

なんかプロフィール記事って少し特殊じゃないですか?商品の紹介をするわけでもなく、やり方を伝えるわけでもなく、自分自身がどんな人なのかってのを伝えるって難しくないですか?

 

だからTwitterを使って色んな方のプロフィール記事を読ませてください!って募集してみました。色んな人のプロフィール記事を読んでみれば、「何が大事なのか」「どうすれば等身大の自分をイメージしてもらえるのか」掴めてくるものがあるんじゃないかなと。

このまとめを参考にしていただいて、あなたのブログのプロフィール記事に役立ててくれれば幸いです。

 

Twitter企画の趣旨

  • このツイートにコメント
  • このツイートをリツイート
  • この記事にコメント

上記のどれかをしてくれた方のプロフィール記事を読みに行かせていただきます!募集期間は特に決めてません随時この記事に感想を書かせていただきます!

なんとなくプロフィール記事を読むだけだと身にならないので、以下のことに注目して読んでみます。

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
  • どの程度自分をさらしているか
  • ブログ全体との関連を持たしているか
  • マネしたいポイント
  • プロフィール記事を読んで浮かんだその人のイメージ

 

ザク男爵プレゼンツ-ザク男爵さん

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒全体的に丁寧な口調ですが、言葉のチョイスがフランク。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒幼少期から現在に至るまで。営業代行をするに至る経緯やブログをしたきっかけは別記事で熱く語られています。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒あまり他のカテゴリと関連させておらず、自然な感じの内部リンクだけされています。

文体は完全なる話し言葉ではないですが、かしこまっているほどでもないです。キャラ的に丁寧な口調で書かれており(男爵なので)、どちらかと言うと少し固い文章となっております。

ただ、言葉のチョイスにフランクさが出ていました。

 

時系列的にはザク男爵さんの幼少期の頃から始まっており、学生時代の話には別記事の内部リンクも貼っています。中心はサラリーマン時代の話となっていて、ザク男爵さんがやられている営業代行のきっかけとなるような考え「営業の本質、商売の本質を突き詰めた結果」の話しにも触れています。

サラリーマンから独立後のブログを始めた話しについては、割とさっぱり書かれておりました。ただ、別記事として熱の入った記事もあげられております。

 

感想

ザク男爵さんの他の記事同様、丁寧な口調の中にフランクな言葉が溶け込んでおり、奥様との会話は目に浮かぶように記載されていました。この辺りが読みやすく感じます。

文字数も5,000文字ほどなのでスッと読めました。

ブログ全体としてはザク男爵さんの実体験にもとづいた、生活や仕事の知恵となっています。プロフィール記事では他のカテゴリに無理やり関連付けたりはせず、必要な記事にだけ自然な内部リンクを貼っている印象でした。

「営業代行をしているザク男爵さん」を知るためのエピソードが中心となっており、営業代行を依頼したときにイイ結果を期待できそうな雰囲気が漂っています。その一方で「ザク男爵さんの人間味」といった部分としては趣味などがサッとまとめられております。

ただ、「家族を本当に愛している」という一番人間味の出る部分は熱く語られております。

お子様が結婚をしたときのスピーチにそのまま使ってもイイんじゃないかってくらい、熱く語られています。

「スタイリッシュでスーツの似合う大人の男性。ブログに出してないけどまだまだ引き出しを持ってる人」というイメージが浮かびました。たぶん4月生まれです(勘です)

丁寧な口調の中にとても熱く語られる部分に引き込まれます。この抑揚は見習いたいポイントでした。

ザク男爵さん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

On Smileful Way-ニシムラケイイチさん

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒ビジネス文章とまではいかない敬語。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒自分や家族の話、出身地などかなりパーソナルなことまで出している。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒自身の生き方すべてを記事のネタにするようなブログなので、自然と関連付いている。

文章についてこだわりがあるようで、話し言葉での文章はほとんどありませんでした。敬語を使っていて「です・ます調」が基本となっています。

 

自分のことをかなりさらけ出しています。高校・大学・社会人とかなり苦労したみたいで、そのことを中心としたプロフィール記事となっています。

顔出しと、もしかしたら本名出しもしております。

申し訳ないですがそこまで「爽やかイケメン!」って感じの印象はありませんが(ホント申し訳ないです!)、親しみを持ちやすく感じました。少なくとも騙したりハメたりしてこないだろうなっていう。顔出しのメリットですね。

過去に身バレで大変な思いをしたようで、そのときのことは別記事でまとめられていました。

そのときの反省として、仮に知り合いにブログを読まれたとしてもまったく問題なし。むしろありがとう!という記事を心掛けているようです。

 

ブログのカテゴリとして自身の趣味や生き方を記事にしているので、自然とプロフィールが関連付くようになっています。

ブログ自体のことについてはあまり語っていませんが、他の記事を見るとブログが大好きなことが伝わってきます。文章を書くこと自体が好きだそうです。

 

感想

丁寧な口調と短く文章を区切っていることで全体的に読みやすいプロフィール記事でした。8,000文字ほどなので少し長めの記事ですが、読んでいて「飽きが来ない」って感じでした。

大好きな趣味の話や、自身の考え方がちりばめられており、ニシムラさんがどんな人なのかというのがわかるような印象を持ちます。

「物静かな方で団体行動のときに後ろの方にいて、若いころはあんまりパッとしない人。でも年を重ねるごとに味の出てくる人で、すでに結構濃い味を出してる人。あと嘘はつかない。」というイメージが浮かびました。たぶん僕と同じタイプです笑

それだけに「ラブひな」的なシェアハウスを経験したり、ホストをやっていたという経歴には意外性を感じました。「ギャップ萌え」ってやつですね。

 

ブログを書き始めたきっかけは

ブログを仕事にして、自分の通ったあとに笑顔の花が咲く、豊かな人生を生きるんだ。

という言葉でまとめられていました。具体的なことは語っていませんが、苦労をした時代のことを読んでいるとなんとなく理由がわかるような気がしました。

「行間を読む」とかって言いますが、読者に想像させるような書き方が上手いと思います。

 

意図的かもしれませんが、記事の前半は丁寧な口調で進めていましたが、後半(特に「ダイエット、禁煙、禁酒」の章)になるにつれて、話口調がチラホラ出てきてました。

フランクになりすぎず、固くなり過ぎないように構成されています。こういう部分が「飽きが来ない文章」を感じさせているのかな。

文章を書くことや、わかりやすく伝えるということを専門的にやってきたニシムラさんならではの特技と思いますが、「飽きの来ない文章」というのは見習いたいポイントです。

ニシムラケイイチさん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

どどすけの冒険-どどすけさん

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒敬語。ただ、取引先の人が使う敬語というより、後輩が先輩に使う敬語という感じ。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒趣味や考え方が中心。リアルな友人との会話も出てきてて、そこから本人のイメージが少し浮かぶ。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒「体力大事!」という考えと関連付けて別記事の紹介をしている。

後輩が使う敬語って感じでプロフィールを書かれています。その辺りからなんとなく若い人が書いてるのかなぁってイメージしましたが、実際は20代後半とのこと。(2018年9月時点)

敬語だけど話し言葉という感じです。

どどすけさんの人となりはあんまりさらしていない感じ。趣味や考え方という一般的な部分はさらっと紹介しています。

「体力を付けることでいっぱい動こう!」という、ホリエモンの「多動力」を感じさせる発送を持っている方。もともとは友人の影響によるとのことです。

まだ始めて間もないブログなので、プロフィールに書かれていることとブログのコンテンツはどれも関連する内容です。(2018年9月時点)

 

感想

「新しくやってきた後輩の男の子と、初めて話したとき」というのが読んでみて感じたことです。

趣味が結構多いようです。ただ、あまり深く書かれているわけでないので、これから掘り下げた部分も気になるなぁという印象でした。

学生時代の話なんかを見ると、リア充感がにじみ出てます笑

「オシャレに気を使ってる若い後輩男子で、実は結構仕事ができて社内ウケがイイ子」というイメージが浮かびました。たぶんイケメンで、バレンタインデーに先輩の女性からチョコもらってます。

これから面白い記事をいっぱい書いてくれそう!という期待ができました。

 

まだブログを始めたばかりの頃(50記事くらい)に読んだプロフィールなので、そこまで深いことがわからない内容になっています。

でも逆に言えば50記事くらいの時点で、本人のイメージが少なからず浮かぶプロフィール記事を書いてる人ってあんまりいないんじゃないかな?とも思いました。(イイ意味です)

「敬語だけど話し言葉」というのが是非ともマネしたいポイントでした。僕自身も後輩キャラなときが多いので、ホントにマネしたいです。

どどすけさん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

MIKEBLOG-まいくさん

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒敬語。ビジネス文章とまではいかないけど、固めの書き方。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒履歴書的な経歴+α。各経歴については別記事でも記載
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒持たしている。

「です・ます調」で終始語られていますが、回りくどい言い回しはありません。引き込まれるような語り方とは言いませんが、特別読みにくいというわけでもないです。

いわゆる就活で使う履歴書に書くような経歴と、フリーランスになる前の準備を始めた時期を載せています。経歴の中には詳細を別記事で語られている部分もありました。

プロフィールの中にブログ記事と関連がある部分を持たしているというより、ブログ記事に関連する部分をプロフィールとして書いているイメージでした。そういう意味では「ブログとの関連」は持たしています。

 

感想

終始「です・ます調」で無駄な表現が一切ないという感じから、記事というよりは経歴書を読んだというイメージでした。

さっと読めて、関連の強い記事へのリンクも貼られているので、全部読んだ人なら「まいくさんってこんな人なんだろうなぁ」というイメージが伝わると思います。

ただ、プロフィール記事というよりは、各カテゴリの説明記事というのが率直な感想です。間違えてプロフィール記事じゃないものを読んだのかと思いました。

 

客観的に見てすごいことをやっている人です。たぶん同じような生き方をしている人はあんまりいないんじゃないかと思います。

軽く経歴を見ただけでも「成功者」ってイメージが浮かびました。

普通ならこの経歴を熱く語りたくなるところを、あえてさらっと終わらせています。その代わり未来のことについては熱く語っています。

「IT企業を立ち上げて、いろんな会社を買収した挙句、逮捕され、最終的にはロケットの打ち上げもやっちゃう。」というイメージが浮かびました。たぶん目玉焼きには塩をかけて食べる人です。

プロフィール記事自体よりも、生き方をマネしたくなりました。そういって意味ではプロフィール記事書いて興味持ってもらうよりも、ドストレートにガンガン体験談を記事にした方がファンが増えそうなところが羨ましく思いました。

なんか成功までの最短距離を走ってる人!って感じです。

まいくさん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

てはだ座-ほわいとさん

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒ほんわかしていて温かみを感じる文章。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒とにかく手荒れがやばかった。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒カテゴリの1つってくらい関連性を出している。

女性特有のほんわかした柔らかい文章。チャラ男っぽい柔らかさではなく丁寧という意味での柔らかさです。

物理的な意味で行間を空けているブロガーさんが多い昨今、めずらしく行間を詰めて書かれています。でも文体が柔らかいためか読みやすいです。ガッツリ引き込まれる文章ではないですが、少し引き込まれました。

ブログのメインコンテンツである「手荒れ」についてはかなりさらしてます。小さめですが手荒れがやばかったときの写真も載っています。

ブログとの関連性が強いとか弱いというより、手荒れカテゴリの記事の1つというぐらい、手荒れのことを語られているプロフィール記事でした。

 

感想

僕はどちらかというと「こってりとした癖の強い文章」の方が引き込まれる方なんです。ほわいとさんの文章は真逆で「まろやかな柔らかい文章」でした。

それでも引き込まれるのは、どことなく温かみを感じれたからだと思います。お正月にこたつに入って読みたくなる文章でした。

手荒れで相当悩んだみたいです。色んなパターンの手荒れと向き合って、小細工でごまかさずにしっかりと改善をしたという経歴が伝わってきました。

たぶん「手荒れ」という分野においては、ぶっちぎりで参考にできる人なんだと思います。これだけ手荒れのことに向き合ってる人が書くブログなら、他のカテゴリもしっかりとした裏付けがあるんだろうなって感じます。

僕は手荒れで悩んでないんですが、頭皮が荒れてるんで助けてください。

「無地のワンピースを着て草原で走ってるお嬢様なんだけど、普段は研究に没頭してる人」というイメージが浮かびました。なんか誰も知らない香辛料とかいっぱい持ってそうです。

プロフィールを読んだだけで「手荒れ」について世界で一番詳しいんじゃないかって感じれます。でも実際にはプロフィールで「手荒れ」について語っているのは700字程度なんです。まさに量より質といったところです。

すごいのは、「手荒れ」以外の分野でもきっと詳しいんだろうなと思わせるところです。
意識してマネをしたいポイントですね。

ほわいとさん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

ふりぃらんす-三好 優実さん

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒です・ます調。話し言葉じゃないですが、ちょっと柔らかめの文章。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒会社員からフリーランスになるまでの経緯をさらしてます。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒関連というほど記事がある状態ではない。

※正式なプロフィール記事がないけれど、今はこの記事しかないのということで読ませていただきました。

です・ます調の中で、自分自身に語り掛けている部分があり、無理をしてない自然な記事という印象。

正式なプロフィール記事ではないので、本人の経歴や趣味のような記載はなく、フリーランスになった経緯だけをさらしている記事です。ただ、フリーランスになるまでの葛藤部分を読むと、人物像が少し浮かんできます。

2018年10月時点だとまだ記事数が少ないため、関連性は不明確です。

感想

自然と自分自身への語りかけをしている部分があり、です・ます調との抑揚が感じられました。読みにくいという印象はありません。

そもそも記事の目的がプロフィール紹介じゃないからと言えばそれまでですが、どんなことをやって、なにができて、どんな想いを込めているのか。具体的なイメージが浮かびませんでした。

唯一浮かんだイメージとしては、あまり自分に自信を持てていない人なのかな?という印象です。

これからフリーランスになって成功をしたときには、シンデレラストーリーのようなプロフィール記事を書いてくれるんじゃないかと期待しています。

残念ながら今の時点では、イメージが浮かびませんでした。申し訳ない。

他の記事が充実してきて、正式なプロフィール記事ができたとき、もう一度読ませていただきたいです!

三好 優実さん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

めんおうブログ-めんおうさん

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒です・ます調のちょっと軽いノリ。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒前職・転職・現職の3点とブログでの考え方について。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒直接ブログ内の記事とリンクを貼っているわけではないが、他の記事で語られている内容の裏付け的に関連させている。

です・ます調だけど話口調で書かれています。敬意をもって対面で話しているような文章です。

基本的には前職・転職・現職でのことを書かれております。プロフィール記事自体ではそんなに語っていませんが、ブログ全体としては熱く語られている記事があります。

プロフィール記事自体に他の記事へのリンクはあまり貼っていません。でも他の記事で語られている話の中には、プロフィールの内容で裏付けられているような部分があり、そういった意味では関連性を持たしています。

 

感想

です・ます調なので柔らかすぎる文章に抵抗のある方でも読みやすいと思います。その上で対面で話されているかのような自然な文章になっています。たぶん一番抵抗を感じる人が少ない書き方だと思いました。

「どの程度自分をさらしているか」と「ブログ全体との関連性」と合わせた感想になりますが、一言でいうと「ブログ全体がめんおうさんのプロフィール記事」という印象でした。

「プロフィール記事」と定めている記事自体には、そこまでめんおうさんのことを詳しく書いておりません。前職の内容と転職をしたこと、現職の内容の3点と、ブログをどんな想いでやっているかということだけです。

でも他の記事の中に、めんおうさんの思想が詰まった記事が多いです。

たぶんですが世間一般のブログ記事の多くは、「課題(テーマ)」+「アドバイス」+「理由」の3点で書かれています。

めんおうさんの記事では、上記3点に「思想」が加えられていました。

なのでプロフィール記事自体に「めんおうさんと言う人がどんな想いを持った人なのか」ということがあまり書かれていなくても、想いの詰まった記事をいくつか読むとイメージが浮かんできます。

まさに「ブログ全体がプロフィール記事」という感じです。

他のブログでは、いろんなカテゴリの記事を読んでいて、興味をもったからプロフィールを見てみると、「こんな人が記事を書いてたんだなぁ」となります。

めんおうさんのブログでは、プロフィール記事自体はそんなに印象が強くないです。でも色んな記事を読んでいるだけで「めんおうさんってこんな人なんだろうなぁ」というイメージが浮かんできます。だから記事自体の説得力が増します。

 

「イケメンじゃないけどイケメンの雰囲気を纏ってて、ファッションに興味ないけど身だしなみが整ってるお兄さん」って感じがします。たぶん奥さんは美人です。

最初にプロフィール記事だけを読んだときは「普通のお兄さん」というイメージしか浮かびませんでしたが、他の記事も読んでみると想いの強さに驚きました。懐が深いというべきでしょうか。

全体的にマネをしたいんですが特にマネをしたいのは、やっぱり「想いを込めた記事作り」です。僕にマネができるかどうか怪しいですが、理想的に思いました。

めんおうさん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

ゆとりの悪あがき-まっとさん

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒です・ます調。話し言葉。どちらかというと柔らかめ
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒顔出し。高校生くらいから現在の生活までを細かめに紹介しています。
    ブログカテゴリにもなっている趣味のことや、自身の性格なんかも絡めて紹介しています。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒メインカテゴリの「海外」について関連を持たせています。

です・ます調で書かれており、明るい後輩と話しをしている感じ。

高校生のころに海外に興味を持つきっかけがあったようで、その辺りからを詳しく紹介されており、海外とバスケに関することを中心に書いているプロフィール記事です。

その他、趣味のことやブログについても書いています。また、顔出しや通っている学校についても書かれています。

主にブログのメインカテゴリである「海外」のことについて関連付けて書かれています。その他にもブログのカテゴリにある内容を記載しています。カテゴリに無いものとして「バスケ」についても書いてあります。

 

感想

です・ます調でありながら話し言葉のように記載していて、楽な気分で読むことができました。ラフなイメージが伝わってきます。

海外生活をしていることからか、かなりプライベートなことまでプロフィール記事として紹介されていました。カテゴリにもなっていますが、アメリカ横断をされたようです。

僕自身の知り合いにもアメリカ横断をした人がいますが、かなりワイルドな人です。記事を読んでいるとまっとさんもワイルドな方で間違いなさそうです笑

ここまでプライベートなことを書かれていると見たまんまになってしまいますが、「EXILEのメンディーみたいな人」なんだろうなと思います。実際筋肉ムキムキですし。

アメリカで生活をされているようですが、日本にいたらバックパッカーとして東南アジアの方とか行ってそうです。

 

プロフィール記事で語られている「バスケ」のことについてはたぶん記事にしていないと思います。でもバスケを語ってもらったらかなり詳しいんだろうなと思いました。

プロフィール記事全体が約3,000文字なのに対し、バスケに関する記載が約300字と1割程度なんですが、バスケ熱がなぜか伝わってくるプロフィール記事でした。

たぶんですが「小学校からやっている」「高校では強豪校でプレイ」「ニューヨークでもスタメンでプレイ」といった実績が詰められているあたりで「この人はバスケに詳しいんだろうなぁ」というイメージが浮かぶんだと思います。

読み手に自然と「この人は詳しいんだろうなぁ」と思わせる書き方はHow to系ブログを書いているものとしてマネしたいポイントですね。

 

まっとさん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

ZO&SITE-吉川 優太さん

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒です・ます調。話し言葉より少し固め。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒名前(たぶん本名?)と顔写真。趣味。ネットビジネスでの実績。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒自己紹介というよりはブログの紹介というぐらい関連性がある

です・ます調で丁寧な口調です。話し言葉ではない少し固めの文章。

名前(たぶん本名?)と顔写真を出しています。趣味も少し載っていますが基本的にはブログを始めてからの実績の話しとなっています。

ブログのテーマが「アクセスアップ」や「SEO対策」といったブロガー向けのものになっております。収益を早い段階で出した吉川さんの哲学がプロフィール記事として書かれているので、その辺りの関連性は強くなっています。

 

感想

文体としては少し砕けたビジネス文章といった感じです。です・ます調の丁寧な口調で話し言葉ほど砕けていない、少し固めの文章でした。誠意を伝えようとしている感じが伝わります。
マジメな記事を書くときにはマネをしたくなる文体でした。

顔や名前を出している一方で、自分自身の性格がわかるようなエピソードにはあまり触れていない様子でした。ただ、ブログの実績については詳細に記載しており、「このブログがどんな記事載せているのか?」ということはイメージできるようになっていました。

自己紹介というよりはブログ紹介という感じが強かったです。

ブログから収益に繋げるためのノウハウを紹介しているブログですが、実績を絡めて吉川さんの想いが書かれていました。実績を出してからの吉川さんの生活が激変したようで、羨ましい生活をしています笑

「再現ができたらいいなぁ」と思える記事です。

扱っているのがいわゆる情報商材なので、どうしても「信用していいのかな?」というイメージが浮かびます。これはしょうがないことだと思っています。

吉川さん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

ケロケロのそれ絶対やってみよう-ケロケロさん

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒「~ですね」「~だよ」といった口調と「です・ます調」が合わさった文章。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒奥さんとの出会い、出産、仕事、ブログを始めたきっかけ。を紹介しています。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒特に関連付けていない。強いて言うなら「ブログ」「副業」のカテゴリには少しかかっています。

大きなくくりで言うと「です・ます調」ですが、話しかけられているような柔らかめの文章になっています。吹き出しでケロケロさんとウサギさんの会話も出てきており、約3,000文字の記事を簡単に読めるような文章です。

 

半分冗談のような感じで奥さんとの出会いから紹介されています。特にお子さんの出産は大変だったようで、かなりプライベートなことまでプロフィールとして掲載されていました。

人生のターニングポイントでの話しをされているのだと思います。

 

ブログ記事とは特に関連付いた内容にはなっていません。純粋にケロケロさん自身のプロフィール記事となっています。

 

感想

「~ですね」「~だよ」といった話し口調で書かれており、色々とプロフィール記事を読んできましたがかなり柔らかめの文章でした。

話し口調の文章というと、「明るい後輩から話しかけられているような文章」というのが多かったですが、ケロケロさんは「気さくな上司に話しかけられているような文章」といった印象です。

特に年齢は出していませんが、たぶん1970年産まれくらいかなと思います。大人の落ち着きが感じられました。

※よく見たらいつの時点かわかりませんが「アラフォー」って書いてありました。

 

プロフィール記事としてはかなりプライベートな内容を出していました。

成功談や失敗談ではなく、嬉しかったこと・楽しかったこと・悲しかったことというような内容になっております。こういった内容の方が人間味(カエル味?)が出てて本人のイメージが浮かびやすく感じます。

「忘年会で結構無茶をするけど、仕事は意外にしっかりやってる人気者の上司」という感じがしました。たぶんリアルでも「てへぺろ!」とか言ってます。

 

ブログとの関連性をほぼ持たせていないというのがすごいです。だいたいのブログがプロフィールで各カテゴリの裏付けのようなことをやっていますが、ケロケロさんのプロフィール記事は純粋なプロフィール記事でした。

正直プロフィール記事を読んだだけだと、どんなことに詳しい人なのかというのがまったくわかりません。でも嘘をつくような人のプロフィールには見えません。
顔も名前も出していないのに、胡散臭さがまったく感じられないというのはすごいです。(足は臭いらしいです笑)

にじみ出る誠実さはマネしたいポイントです。

ケロケロさん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

あもの子育てあれこれ-あもさん

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒ですます調+たまに会話や心の声的な文章が出てくる。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒ブログを始めた理由、メインテーマの子育てについて、家族についてで構成されている。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒各カテゴリとの関連性は高い。

ですます調ですが、たまに会話や心の声的な文が出てきます。そこでは話し言葉のような文章となっており、完全なですます調というわけではないです。

また、後半の家族についての文章の中では、箇条書きのだである調で書かれています。

 

ブログを始めた理由は子育てに関する理由で、メインテーマも子育てに関するものです。旦那さんが外国の方だそうで、子育てに関する哲学を書かれております。

家族構成の部分では、夫婦と2人のお子さんのことを書かれており、性格やマイブーム的なことが書かれています。

 

ブログのメインテーマが子育てや国際結婚のこととなっており、1つのカテゴリとも言えるくらいに関連性の高いプロフィールとなっております。

 

感想

基本的にはですます調ですが、会話部分があることでテンポよく読むことができました。
丁寧な口調が女性らしさを感じます。男性ブロガーのですます調とは良い悪いではないですが、違う口調に感じました。

また、「若干お口が悪くなってしまう」と書かれていましたが、口の悪さは感じられませんでした。
※と思っていたんですが、「夫とのバトル」に関する記事を読んだときに「あ~」って思いました。

 

国際結婚ということで一般家庭とは悩みが違うところもあると思います。

その中で子育てについての哲学を書いていたり、夫婦生活におけるトラブルでも「なぜ夫にイライラするのか」「どのように解決するべきか」ということを分析・解決しております。

「キャリアウーマンとして、同僚の男性を軽く超える成績を出してて社内で一目置かれてる女性。あれこれ考えてから行動するけど、考えるのが早いから実行力が強い人」というイメージです。たぶん後輩男子から人気があって、ちょっといじられキャラです。

 

僕自身が子育て中の夫という立場なのもあって、夫とのバトルに関する記事は興味を持ちました。

男女の性格でよく言われるのが「男は理屈、女は感情」だと思います。ですが「あもさん」の家庭の場合は逆になっているように感じました。

 

ブログを「何かのやり方を伝える」「考えを伝える」「商品・サービスの紹介をする」という意味ではなく、「純粋に読み物として面白い」という感じに持っていけてるところを見習いたいです。

家族構成の部分は単純に読み物として面白かったです。家族の面白エピソードとかがマンガ化されたら人気出そうです。

あもさん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

クロネのブログ講座-クロネさん

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒ですます調。丁寧な口調+たまにセリフ的な文章。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒ブログを始めた経緯、収益化との出会い、ブロガーとの別れ、ブログの目的などを掲載。自身のプライバシー的な部分には触れていません。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒メインカテゴリーがブログ論なので、ブログを始めたきっかけという意味では関連性が強いです。

ですます調の中でも比較的丁寧な文章です。たまにあるセリフ的な文章や、各目次についている漫画のようなイラストが記事の内容を集約しています。

ご自身のプライベートなプロフィールは載せていませんが、ブログを始めた経緯や今のブログがある理由については詳細に載せています。

今ではほぼ当たり前となっているブログの収益化ですが、最初の頃は行っていなかったみたいです。きっかけを与えてくれたブロガーさんとの別れが、今のクロネさんのブログの始まりとのこと。

ブログ論を書いているブログなので当然関連性は高いですが、プロフィール記事自体では「ブログを書くときはこうあるべき」というようなブログ論は語っておりません。

「このブログはこんなブログだよ。」というブログの目的を記載しております。

 

感想

何人かプロフィール記事を読んできましたが、キャラ付けで超丁寧語を使っている方を除くと、かなり丁寧な口調だったと思います。ビジネス文章寄りという感じです。

ただ固いだけではなく、柔らかい部分も出しつつ、基本は固めという印象でした。

その分、漫画のようになっているアイキャッチ画像が読みやすく感じました。

記事全体の文字数が約3,700文字と決して少ない方ではないです。でもスラスラ読めるのは、1文が短くなっていることやところどころ要約を挟んでいることが理由なんじゃないかなと感じました。

 

ご自身のことについてはほとんと語っておりませんが、学生時代にブログと出会ったことや社会人になってから収益化を始めたことという話から、割と若い方なんだろうなぁという印象です。たぶん1985年前後くらい産まれの方かな?

ブログ論をメインテーマにしているブログだけあって、ご自身のブログの目的をかなりはっきりと語っており、しっかりとした芯を持たれています。

また、熱い文章というわけではないんですが、静かな闘志のようなものを感じました。

単純に実績があるというだけでなく、理屈と感情でもブログ運営について語られていることから、クロネさん自身および記事の内容に信ぴょう性を感じました。

どこもかしこも見習いたいんですが、特にという意味では「文章構成」を見習いたいです。

「仲間内の企画なんかで積極的に幹事をしてくれて、イベントの中心になる方。性格に男らしさがあるんだけど、見た目は結構可愛い系」という印象を持ちました。たぶん男女問わず友達多い系です。

クロネさん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

北海道コンシェルジュ-カンベ アキラさん

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒概要的な部分は「だである調」か体言止め。それ以外はですます調。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒北海道に興味をもったきっかけや、社会人としての話、コンシェルジュを始めた話を記載している。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒ブログもプロフィール記事も北海道をテーマにしているので、関連性は強い。

一部体言止めの部分もありますが、基本的には丁寧なですます調の文章です。

自分自身の身の上話のようなものはほとんどなく、ブログのメインテーマである北海道に関連するエピソードでまとめられております。そのため、ブログとの関連性も強いものになっております。

 

感想

文字数1,200字ほどで短いプロフィール記事です。行が空いていることもあって流し読みをしやすい印象でした。

文体が丁寧で、話し言葉というよりは説明書の文章という印象でした。

 

北海道が好きでコンシェルジュを始めたようですが、あまり具体的に北海道に対する熱が込められているわけではないという印象でした。

ただ、「北海道が好き」ということや「実際に北海道に住んでいる」ということから、穴場スポットや必ず訪れたい場所なんかは絶対に詳しいんだろうなぁという感じです。

あまり熱量がこもっていないけど信ぴょう性があるという、今までプロフィール記事を読んでいた中では珍しいタイプに感じました。これはブログのメインテーマと本人の経歴によるものなんだと思います。

このように信ぴょう性を得やすいテーマの選択という部分はマネしたい部分ですね。僕だったらどんなテーマを選べば信ぴょう性を得やすいのか。

ご本人に関することがあまり記載されていなかったのでイマイチつかめていませんが、元々北海道民じゃないのに移住までしちゃう辺りに情熱を感じました。

「ちょっと天然ボケなところがあるけど、何個か極めた特技を持ってる人」という印象を持ちました。たぶんおじいちゃんおばあちゃん想いの方です。

北海道に旅行するなら間違いなくこの人に聞いたらいいだろうな。というテーマ選定のセンスは見習いたいですね。

実際、僕はスノボが好きで、死ぬまでに1回は北海道で滑ってみたいと思っているので、そのときには相談すると思います。

息子が大きくなったらなので、2030年くらいかな笑

カンベ アキラさん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

寺子屋アフィリエイトblog-アクセル

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒ですます調。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒年齢、結婚前の家族構成、結婚後の家族構成。どんな家族がいるか、ブログや独立をしたタイミングを記載。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒前半はご自身の紹介。後半はアフィリエイトとセミナー等の経歴・実績を記載。
    コンテンツがアフィリエイト論なので、後半部分は当然関連した内容。

ですます調で、非常に淡々として書き方です。

アフィリエイターとなるきっかけ的なエピソードは特に記載しておらず、何歳のころにどんなだったかという経歴を記載しています。プロフィールによくある、「好きな物」「ブログを始めたきっかけ」などはありません。

その代わり後半部分では、年表のような感じで経歴や実績を載せています。

 

感想

文体や内容に、かなり淡泊な印象を受けました。

形容詞がほぼ無い内容です。前半部分がご自身の紹介となっており、後半は経歴や実績を箇条書きで年表のようにまとめていらっしゃいます。

前半の自己紹介部分についても、人生のイベント事を年表のようにまとめているだけという感じでした。

とにかく無駄の無い文章という印象です。

あくまでプロフィール記事だけを見た感想としては、「冗談とかほとんど言わない人」というイメージでした。もし会社員だとしたら、たぶんトラブルが起きたときの最終兵器的として投入される存在です。

 

プロフィール記事はそんな感じですが、メインコンテンツのSEO対策やアフィリエイトの方を見てみるとちょっと違う印象を持ちました。

記載内容もブロガーとして大変興味深い内容です。僕はなんとなくでブログをやっていますが、とにかくアフィリエイトで稼いで独立したい!って人は見ておくべき内容という感じですね。(たぶんそんな人はすでに見てますが)

ご自身を前に前に出すよりも、純粋にコンテンツ力で勝負しているところは見習いたいです。

アクセルさん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

のいずらいふ-ノイ

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒ですます調。話し言葉ではないラフな文章。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒小学生時代~現在に至るまでを割と詳細に記載。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒高くはないが関連性はある。

ですます調で、話し言葉ではない文章です。話し言葉よりも少し固めですが、少々ラフなところもあります。

ご自身のことについてかなり詳細に記載しております。小学生時代から現在に至るまで、どんな人生を歩んできたのかを書かれています。

雑記ブログということで、ご本人の興味あることを記事にしているんだと思います。そのため、所々でブログと関連性のある話が出てきますが、関連性が高いというわけではないです。

 

感想

話し言葉ではないんですが、ラフな部分を残したですます調。ノイさんの自伝本を読んでいるような印象でした。

そういった意味ではプロフィールらしいプロフィールですね。

記載内容として、かなり詳細にご自身のことを書かれております。ノさんがどんな人なのか誰でも理解できるようなくらい詳細です。

自己責任かもしれませんが、結構苦労人。現在、社会保険労務士を目指しているようです。もしかして学習塾時代の嫌な思い出がきっかけ?

偶然ですが経歴が僕と似ているような気がしました。

「お子さんが産まれたことで転機を迎える」という部分もなんだか僕と近い気がしました笑

 

ノイさんの印象は「物事の肝を見通すのが上手で、課題とか炊事洗濯とか卒なくこなせる人。なのになんで?って思われる行動をとる人」というイメージでした。たぶん気遣いとかおもてなしの心が強く、男に嫉妬されないイケメンです。

あと、現在の奥さんはきっと素晴らしい方ですが、たぶん過去にぶっさいくな人と付き合っていたことがあるんじゃないかと予想しています。(違ったらすいません)

ノイさん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

インベスター・ブル-インベスター・ブル

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒ですます調。丁寧な話し言葉。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒投資を始めたきっかけとして、学生時代の話を出しています。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒投資+ポイントサイトというテーマで、自己紹介もそれに沿ったもの。関連性は高い。

twitterの紹介文だと丁寧語ではないですが、ブログの方は丁寧なですます調でした。

ちょうど学生時代に起きた「村上ファンドニッポン放送買収」をきっかけに経済学に興味を持たれたそうです。

主にご自身の投資論や成功体験、失敗体験を紹介されています。

 

感想

最初にtwitterの紹介文を読んだときは、上から目線で来る人なのかなぁと思いましたが、ブログでは丁寧語。しかも割とかしこまったタイプの丁寧語でした。

文章が物語のような構成になっているので、読みやすく感じました。この文章構成は参考にしたいポイントですね。

ご自身のことについては最小限でさらしてる感じですが、投資に関する情熱はしっかりと伝わります。

また成功にしろ失敗にしろ長いこと実績があるようで、今のやり方に自信を持っているようです。

無理やり勧めてこないところに好感が持てました。世の中には煽るように勧めてくるブログもあるので。

投資との合わせ技でポイントサイトも使っており、それがブルさん流の投資術なんだそうです。

 

儲け話をテーマにするとどうしても胡散臭さが出てしまいますよね。その点はブルさんも例外ではないです(ごめんなさい)

でもFXとかじゃなくて

  • リスクの低いと言われるインデックス投資
  • ノーリスクのポイントサイト
  • ブルさん自身もそこまで儲かってない

この辺りで胡散臭さを少なく感じました。

「教えるのが上手いから慕われがちだけど、初対面で怖がられることが多い牛」って印象でした。たぶんガングロです。

あと個人的に積み立てNISAを検討しているので、詳しかったら教えて欲しいです笑

インベスター・ブルさん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

U-Compass-むーちゃん

  • 文体は話し言葉かビジネス文章か
    ⇒ですます調。丁寧な話し言葉より。ビジネス文章のような固さはない。
  • どの程度自分をさらしているか
    ⇒小学生時代から現在に至るまでを細かめに紹介している。
  • ブログ全体との関連を持たしているか
    ⇒ブログテーマのストレングスファインダーと関連性を持たしている。

エッセイのような文章です。ですます調で丁寧な話し言葉で書かれています。柔らかい雰囲気が漂っており、ビジネス文章のような固さは見受けられませんでした。

かなり細かめに小学生時代から現在までのことを書かれています。どういう教育を受けて、どんな経歴があって、どういう想いで生活をしているのか。

ところどころでストレングスファインダーに触れていますが、特にブログ記事へのリンクを貼っているわけではありませんでした。

 

感想

優しい女性という感じの文章です。プニプニというよりふわっとした柔らかさが漂っています。スタバのテラス席とかで書いてそうな気がします。

まるでエッセイのように自分自身のことを書かれており、まさに自己紹介。一冊の本の最初に書かれていそうな記事でした。

ご自身でも言ってますが、知っている人なら本人の特定ができそうなくらい、自分自身のことを書かれています。

ここまで書かれていると、むーちゃんがどんな方なのかイメージしやすかったです。

「とにかくお嬢様系。基本的に敵を作らないタイプ」というイメージでした。たぶん朝はパン食べてます。

やっぱり自分自身を出しまくっていると、等身大のイメージが読者に伝わると思います。

その点では「ストレングスファインダー」というテーマに沿って、小学生時代から現在までのエピソードを繋げることができている部分は見習いたいです。

僕のブログではDIYがメインテーマですが、まだそんなに語れるようなエピソードがないので。

むーちゃん。Twitterの企画にご協力いただきありがとうございました!

 

10人以上のプロフィール記事を読んでみた感想

ここに書くと長くなりすぎるので、「プロフィール記事の感想を書きまくって発見した3つの書き方ポイント」で語らせていただきます。

ブログ

Posted by たけし