引っ越しを便利屋さんに頼んだら、引っ越し屋の半額でいけた

2017年12月16日

どうも!お疲れ様です。たけし(@takeshinonegoto)です。

先日引っ越しました。以前からブログでとりあげてる古民家のリフォームが終わったんですよね。

というわけで引っ越しをしたんですが、そのときに調べた内容についての覚書をまとめたいと思います。

結論を先に書いちゃうと、便利屋さんで引っ越しを頼んだら、引っ越し屋の半額で済みました。

 

マイホーム計画から引っ越しまでのまとめ記事はコチラです。

 

引っ越し屋の金額計算方法

すべての業者が同じというわけじゃありませんが、引っ越し屋の計算方法は条件に応じて加算していくタイプでした。

どういうことかと言うと、例えば引っ越し元から引っ越し先へ荷物を運ぶにあたって、

  • 2階以上からの荷物出し入れがある
  • 引っ越し元が複数ある

といった条件によって、基本料金に金額が加算されていきます。

 

つまり引っ越ししにくい条件が色々出てくるような場合には、思ったより高額になりがちということです。

ちなみに引っ越し屋の見積もりは「引っ越し 見積 一括」とかってワードで検索すると、複数の引っ越し業者に一括して見積を出してもらえるサービスが出てきます。

ウチの嫁はこれで依頼をしたんですが、しばらく電話が鳴りやまなかったです。いつでも電話に出られる状況がしばらく続くような方ならイイと思いますが、仕事や育児をしている人ならあまりおススメしません。

 

便利屋の金額計算方法

これもすべての業者が同じとは言えませんが、便利屋の金額計算は基本料金(1時間)+延長料金(30分単位)という感じでした。

つまり、引っ越しに3時間かかった場合、基本料金+2時間分の延長料金ということですね。2階に荷物があろうが、かかった時間だけを見て料金が決まるわけですね。

 

便利を使ってみた感想

金額面

実際に便利屋を使ってみると、意外に安くつきました。

引っ越し屋の見積もりは我が家の場合10万円ほどになったのに対し、便利屋では5万円ほどで終わりました。

 

便利屋は使う時間を短くすればするほど安くなるので、工夫次第でいくらでも安くできます。例えば、

  • 荷造りを事前に終わらせておく
  • 自分で運べる荷物は玄関にまとめておく
  • 引っ越し先での荷物の整理は後で自分でやる

といったことをやれば、便利屋を使う時間をグッと減らせます。

 

もちろん2階に自分では運べないほどの重い荷物がある場合なんかは、便利屋の手を借りて運び出せばOKです。

引っ越し屋の場合は、2階の荷物を運ぶには別料金がかかりますが、便利屋なら2分ほど頑張ってもらえば運び出せますからね。

ちなみに僕らは便利屋が来る日の朝に上の作業を全部しておきました。便利屋いわく、想定していた時間よりだいぶ早く終わったそうです。

 

もちろん便利屋に頼んだからといって、荷物が壊れたり、床や壁に傷が付いたなんてことはありませんでした。ひとつひとつ丁寧に運んでくれた印象です。

 

サービス内容

引っ越しが終わったときに、便利屋から

「庭の木の枝を綺麗にカットしておきましょうか?」

って言われたんですよね。

「そっか。頼めば庭の手入れもしてくれるんだ・・・」

引っ越しを頼んだので、引っ越ししかやらないイメージでした。でも私が頼んだのは便利屋です。なんでもやってくれる便利な方たちです。

 

面倒なものなんかは便利屋に頼んでみるっていうのもアリかなと思いました。調べてみると、エアコン取付工事とか専門的なことも頼めるみたい。

大掃除、雪かき、どぶ掃除、庭の手入れ、草むしり、お花見の場所取り、行列の順番待ちなどなど。パッと思いつくだけでも頼めそうなことがいっぱいあります。

 

まとめ

引っ越し屋の見積もりでは10万かかる案件が、便利屋に頼んだら5万円で済みました。便利屋に引っ越しを依頼して大正解!

引っ越し屋なら別料金になってしまうことでも、便利屋ならまとめてやってくれます。こちらの頑張り次第で、料金をグッと下げられることもイイ感じです!

便利屋の名に恥じない便利っぷりでした!

※もちろん引っ越し屋ならではのサービスなんかもあると思います。でも今回は費用を抑えることに重きをおいた引っ越しなんで、これでOKなんです!

 

マイホーム計画から引っ越しまでのまとめ記事はコチラです。