サービスのボリュームと特典のコスパ!amazon primeがすごい!

2017年10月14日Webサービス

アニメや映画をいっぱい見たい!スマホに写真がたまりまくってる!ネットショッピングをいっぱいする。そんな方へ。月額325円のamazonプライムで生活が豊かになります。

こんにちは、たけし(@takeshinonegoto)です。

amazon prime(アマゾンプライム)ってご存知ですか?
amazonが提供している有料サービスなんですが、これが非常に便利なんです!

昨年ウチの嫁がうっかり入会して以来、気に入ったためそのまま利用を続けています笑
どうも調べてみたらそういう方も多いみたいですね。

今回、私が実際に利用してみて便利に感じたところを覚書として残しておきます。

–追記–
Pime Readingについて追記いたしました。

 

広告

amazon primeってなに?

amazon primeというのは先にも言った通り、amazonの提供している有料サービスです。
通常、amazonを利用する分には無料ですが、年会費を払うことで色々なサービスを付加することができる。
といったイメージです。
通常の会員に対して、年会費を払っている会員をプライム会員と言います。

年会費と聞くとちょっと遠慮しがちになってしまう方は多いと思います。
ですが、amazon primeの魅力は年会費の安さと、付加されるサービスの質の良さです。
つまりコスパが良いんですね。

 

年会費はいくら?

年会費は3,900円です。これは月額で言うと325円という計算になります。
325円といえば某牛丼チェーン店の牛丼並盛がこのぐらいの金額ですね。
月に1回牛丼の並盛を注文するような感覚で、amazon primeに入会すれば色々なサービスを利用できます。

ちなみにこの手のサービスでよくありますが、無料期間があります。
amazon primeは30日間無料です。
よく比較対象にされるHuluは14日間。NETFLIXは30日間です。

 

サービス内容は?

肝心のサービス内容についてです。
amazon primeはサービスの種類が豊富で、個々のサービスだけで1つの記事を作れそうな感じです。
なるべく簡潔にまとめたいと思います。
以下の内容はプライム会員の場合に無料で使えるサービスです。

 

配送特典

まずはこちらですね。amazonは無料会員でも当然配送はありますが、プライム会員では以下の特典が付きます。

  • 配送料無料(無料会員は350円)
  • お急ぎ便無料(無料会員は360円)
  • 当日お急ぎ便無料(無料会員は514円)
  • 時間指定無料(無料会員は360円)

つまり、配送にかかる手数料がすべて無料ということです。
無料会員の場合はものによりますが、350円ほどかかります。

プライム会員の年会費を月額に換算すると325円なので、月に1回はamazonで買い物をするという人は間違いなくプライム会員になった方が良いです。
先述したようにamazon primeには30日間の無料期間があるので、とりあえず注文をする前にプライム会員になっておけば、送料無料で注文できます。
その後、無料会員に戻るという荒業も一応可能ですね。

共働きの夫婦や、一人暮らしの方は家に誰もいない時間帯があるかと思います。
こんなときに時間指定便を気軽に使えるということもプライム会員の良さですね。

また、お急ぎ便を使うと早ければ次の日。遅くても2日後には届きます。
簡単に使えるので、ちょっとした買い物はすべてamazonでやるようになってきました。
直接お店に行くより自分の時間を有効に使えるので、普段忙しくて休みの日にはゆっくりしたいという方にもおススメです。

関西地方(大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀)、関東地方(東京・神奈川・埼玉・群馬・栃木・茨城・千葉)限定ですが、当日お急ぎ便というものも無料で使えます。
条件はあるものの注文すると当日届くという、驚きのサービスです。残念ながら私の住む北陸金沢では使用できませんが。。。

 

ファミリー会員

こちらはプライム会員になった方にお子様がいる場合、こちらの会員になることができます。年会費はプライム会員と同額です。
こちらに加入するとベビー用品を通常の金額より割安で購入することができます。

商品によっては50%OFFで購入できます。
私も息子が生まれたので、先日おむつを大量購入しておきました。
1日10回ほどウンチをするので、順調に消費しています。

ファミリー会員

 

prime student

プライム会員の学割バージョンといったものです。サービス内容はほぼ同じで、年会費が1,900円(一月あたり159円)です。
また、無料期間も6か月となっております。
入会できるのは学生限定となっています。一月あたり159円となると、コンビニで飲み物を買う金額とほぼ同等ですね。

amazon student

 

プライムデー

2014年から始まったプライム会員限定のセールです。
割引率の高さで毎年話題になっています。

例えば2017年であれば15万円引きされたテレビもありました。
15万円も値引きするセールってなかなか見ないですよね。

プライムデー

 

 プライムフォト

個人的にこれを一番使っています。

amazonの管理するクラウドサービスにデータを保存できるというサービスです。
動画やエクセルファイルなどについては5GBまで使えます。
そして写真に関しては無限に保存できます。

スマホに専用のアプリを入れておけば、自動的にアップロードしてくれるので無意識的に写真の保管ができます。
アップロードした写真はアルバムを作って管理できるので後から目的の写真を見つけるのも簡単です。

AmazonのPrime Photos

AmazonのPrime Photos
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

Amazon Drive

Amazon Drive
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

私は契約書や役所からの書類など、重要なものもすべてここに保管しています。
書類は紙で保管しているとどんどん溜まってくるので、電子化してクラウドに保管というのがスッキリしておススメです!

正直「写真を無限に保管する」というサービスは他の会社も提供しています。
ただ、プライムフォトに関しては画質をそのままで保管できるというのが強みです。
去年結婚式と新婚旅行を兼ねて海外に行ったんですが、そこでプロの方に取ってもらった写真も画質そのままで保管できました。
プロが撮影しただけあって、どれだけ拡大してもクッキリと見れて大満足です!

他の会社が提供しているサービスでは画質が落ちてしまうので、こういうわけにはいきません。

プライムフォト

 

プライムビデオ

プライムフォトに次いで良く使っています。

他社のサービスで言うと、HuluやNetflixといった動画配信サービスと同じものです。
ただ、他社のものと比べると若干ラインナップが乏しいかなという感じがします。
それでもそこそこ新しい作品を無料で見ることができます。

ポケモンアニメを第1話から最新話まですべて見れるのが素晴らしいです!
通勤時間やお風呂で毎日のように見ていました。

ラインナップは定期的に変更されるので、以前まで見れなかったものが見れるようになったり、逆に見れなくなることもあります。
見たい作品が見つかった場合は早めに見ておいた方が良いです。

また、一部動画においてはスマホやタブレットに動画を保存して、オフラインで見ることもできます。
私は自宅でwifiが使えるので、毎晩寝る前に何話かダウンロードしておき、翌日の通勤時間などにネット回線を使うことなく高画質で動画を見ています。

スポーツジムでランニングマシンとか使う人なんかには、ピッタリですね。
私もそういう使い方をしないと、最近おなか周りが気になる感じです。。。

プライムビデオ

 

prime music

正直こちらはおまけという感じです。
現時点ではあまり期待できないサービスとなっています。

邦楽・洋楽を聞き放題というサービスですが、ラインナップが乏しい状態です。
あったとしてもカバーであったり、オルゴール調だったりと少し残念な感じです。

ただ、ドライブに合う曲勉強中に聞く曲といったリストがあり、知らない曲をただただ流したいという場合には使えます。

prime music

 

Prime Reading

2017年10月5日から新しく始まったサービスです。

以前からもアマゾンプライム会員は月に1度電子書籍を無料でダウンロードできるという特典がありました。ですが、こちらはkindle タブレットを持っている方限定のサービスでした。

今回始まったコチラのサービスでは、amazonが提供する一部の書籍を無償でダウンロードして読むことができます。もちろん上記のkindleタブレットだけでなく、iphoneやipad、android端末などでも楽しむことができます。

今はまだラインナップが乏しい感じですが、amazonのことなのでこれからどんどん増えていくんじゃないかと思います。

私もそうなんですが、本を読むことが多いけどなんとなく電子書籍を避けていた人って結構いるんじゃないでしょうか?すでにプライム会員になっている方は、当然今までの年会費で利用することができますので、この機会に色々な本に挑戦してみてはいかがでしょうか?

私はPrime Readingでこの本を読みました。

ちなみに初めてprime readingを使ったときkindleアプリで本を閉じる方法がわかりませんでした。色々いじっていたら閉じる方法がわかりましたので、覚書として残しておきます。

この家マークのアイコンをタップすれば閉じることができます。

 

その他

その他にも下記のようなサービスがあります。
残念ながらこちらは私自身未使用なんで大したご紹介ができません。

  • kindleoオーナーライブラリ
  • amazon パントリー
  • amazonフレッシュ

日に日に新しいサービスが増えていくので、使う側が追い付いていない感があります笑
最近も2017年8月23日にバーチャルダッシュというサービスを追加したみたいです。
今後も増えることを期待しています。

 

入会特典

※この内容は2017年8月現在の情報です。御覧になられた時期によっては変更されている可能性もあります。

amazonでは入会時に色々な特典を付けてもらえることが多いです。
ここではお得な入会特典についてお伝えします。
今加入するのであれば、是非特典を受け取れるような入会の仕方をしましょう!

 

prime student会員の入会特典

prime student会員は入会後プライムビデオを視聴することで、2000円分のクーポンをもらえます!
2000円というとprime studentの年会費より高額ですね。
amazonで2000円以上の買い物をする予定がある学生さんは、とりあえず1年間加入しておいた方がお得というすごい特典です!

amazon student

 

amazonファミリー会員の入会特典

amazonファミリー会員は入会後プライムビデオを視聴することで、3,900円分のクーポンがもらえます!
3,900円は年会費と同額です。
とりあえず子供が産まれた夫婦は、入会をして3,900円分のおむつやおしりふきを購入しておけば、何もしないよりお得ということになります。

ファミリー会員

 

まとめ

amazon primeは年会費があるもののサービス内容が本当にすごいです!
この記事を見てご興味を持っていただいた方は、まずは無料期間もあるので1か月使ってみてはいかがでしょうか?

また、学生であったりお子様がいる家庭では特典を利用して少なくとも1年間は実質無料で利用できます
とりあえず入会をしておき、じっくり時間をかけて会員を続けるかどうか検討することができます。

個人的には先述したようにプライムフォトとプライムビデオ、配送特典だけでも大満足です。
個々のサービスを見ると、同等のサービスで会費が安いものや、より上質のサービスで会費の少し高いものもあります。
ただ、これら全部がついているサービスはなかなか無いんじゃないでしょうか?

これからも成長していくサービスなだけに、今後の展開も期待が持てます。

アマゾンプライムの入会はこちら

広告